【初心者必見】プレー中・交代時の”フットサルの基本ルール”総まとめ!

更新日:

本記事は、

・サッカーからフットサルへ移行してルールがイマイチ分からない方。

・フットサル初心者でルールがさっぱり分からない方。

に必見の内容となっています。

誰が見ても分かる様により簡単にフットサルのルールを解説していきますので、要点を抑えてサーっと流し見てみて下さい♪

スポンサーリンク

プレー中に気を付けたい!6つのフットサル基本ルール

まず始めにプレー中に注意しなくてはいけないフットサルのルールを解説していきます♪

後半では、プレー外(交代時)に注意すべきフットサルのルールを解説します。

ボールが横のラインから出たらキックイン

サッカーではボールが横のラインから外に出たら、スローインといってボールを手でコート内に投げてプレーを再開します。

一方フットサルでは、ボールをライン上に置いてコート内に蹴り入れてプレーを再開します

これをキックインと言います。

ボールがライン上に乗っていない状態でキックインを行なうと反則を取られてしまうので、手でボールをライン上にしっかり固定してからキックインを行いましょう♪

 

ボールが縦のラインから出たら、GKはスローイング

サッカーの場合、ボールが自陣の縦のラインから出て、自分チームのボールからプレーを再開する時は、GKがゴールキックという足でボールをキックするプレーで再開します。

一方フットサルの場合は、GKがゴールクリアランスという手で投げるプレーで再開します!

間違えて、足で蹴ってしまうと公式戦だとイエローカードが出てしまうかもしれないので注意して下さい。(笑)

インプレー時でキャッチした後はパントキックでもOKです※

 

セットプレーはボールセットから3秒以内に始める

セットプレーとは、キックインやコーナーキック、フリーキックといったボールをセットしてから行なうプレーの事を指します。

サッカーではボールセット後に極端な遅延行為をしない限り反則を取られる事はありません。

一方フットサルは、4秒ルールという特別なルールが設けられています。

セットプレーの際、ボールセットから4秒が経ってもプレーが始められないと、反則を取られて相手ボールに変わっていまいます。

セットプレーは3秒以内に蹴る」を意識してプレーするようにしましょう♪

また4秒ルールはGKにも適用されており、「GKはいかなるプレーの時もボールを4秒以上保持してはいけない」とされています。(ハーフラインより相手陣地側にいる場合を除いて)

なのでゴールクリアランス・キャッチング後・プレー中のボール保持時は3秒以内にボールを離す事を意識しましょう!

 

セットプレー時は相手選手はボールから5m離れる

サッカーの場合、スローインの時は2m以上・セットプレーの時は9m以上相手選手はボールから離れなくてはいけません。

一方フットサルの場合は、全てのセットプレーの時、相手選手はボールから5m以上離れないといけません。

フットサル初心者の方は、距離感が掴めずに「5m離れろ!!5m!!」と怒られる事が多いと思います。(笑)

5mの距離感を自分の中で掴み、セットプレーの時は5m距離を保つようにしましょう!

 

GKから貰ったボールは前に運ぼう

サッカーでは、GKが味方からの意図的なパスを手で取った時に反則を取られる「バックパス」というルールがあります。

フットサルではその従来のバックパスというルールに更に特別な項目が加わっています。

フットサルでは、GKから貰ったボールを相手選手に一度も触れずにもう一度GKにボールを戻してしまうと反則を取られてしまいます。(その位置から間接FK)

なのでプレー中にGKからボールを貰った時は、GKに戻す事は考えずにボールを前に運ぶ事を意識しましょう!

 

相手選手に対するスライディングは禁止

サッカーでは相手選手へのスライディングは、ボールに対してのものならば反則を取られません。

しかしフットサルでは、相手選手に対するスライディングは全て反則を取られてしまいます。

ボールを追いかける時や、シュートブロックの時にしかスライディングをしてはいけません。

 

スポンサーリンク

プレー外(選手交代時)に気を付けたい!3つのフットサル基本ルール

それでは次に、プレー外(交代時)に注意すべきフットサルのルールを説明していきます♪

サッカーではほとんど規制されていない交代時の特別ルール、1つの違反でもイエローカードが出ますので注意が必要です!

交代は何人でもいつでも行える

サッカーでは選手交代は試合を通して3人しか行なう事が出来ません。

また交代するタイミングは、ボールがコートから出た時に限られています。

一方フットサルは、交代人数に上限がありません。

また基本的に、どのタイミングで選手交代を行ってもOKです。

そのため交代を行なうタイミングは非常に重要です。

試合の流れを観察して、よりスムーズに交代する事を意識しましょう!

 

交代ゾーンの中で交代を行なう

サッカーでは交代を行なう場所は決められてませんが、フットサルでは5mの長さの交代ゾーンという場所が設けられています。

このゾーンの中で交代を行わないと反則を取られてしまいます。

フットサル歴の長い自分でも気を抜いていると間違えてしまいますので、交代時は必ず交代ゾーンの範囲を確認しましょう!

 

交代の順番は、出る人が先・入る人が後

サッカーに比べて選手交代が頻繁に行われるので、選手の出入りの際の反則も厳しく取られてしまいます。

選手交代の正しい順番は、「コートから出る人が先に出て、コートに入る人が後に入る」です。

コートに入る人が先に入ってしまうと、一時的にコート内の人数が規定人数よりも増えてしまうので反則を取られてしまいます。

コートに入る人は自分と交代する選手がコートの外に出たのを確認してからコート内に入るようにしましょう!

 

まとめ

本記事の内容を把握していれば、大きな反則を取られる事はまず無いです。

基本ルールを一通り頭に落とし込んで、慎重にプレーするようにしましょう♪

特に交代時の反則は厳しく取られますので、交代は緊張感を持って慎重に行って下さいね!

では、今回は以上です!

最後まで閲覧いただき、ありがとうございます。

人気記事
【保存版】おしゃれ練習着!サッカー・フットサル人気ウェアブランド30選【上下セットも】

  今回は、全てのサッカー男子&女子に向けたおしゃれなサッカー練習着特集です! おしゃれなウェアはコート内でも注目されやすく”モテグッズ”としても活躍してくれますよね♪ そこで今回は、サッカー歴20年 ...

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-フットサル, 知識・技術

Copyright© SOCCER MOVE , 2018 All Rights Reserved.