【サッカー部】フォワード出身なら”共感”するプレー中のあるある・10選【シュールあり】

今回はサッカー部あるある【フォワード編

ということで、フォワードのプレー中のあるあるを10個厳選してみました!

フォワード出身の方であれば”共感”することが多いと思うので、是非最後までご覧下さい♪

管理人テツ
他ポジション出身の方にとっては、「フォワードってこんな目線でプレーしているんだ!」という新たな発見のキッカケになれば嬉しいです...( ̄∇ ̄)v
スポンサーリンク

【サッカー部】フォワード出身なら”共感”するプレー中のあるある・10選【シュールあり】

※自分が実際に見たプレー・SNS上の声などを参考にしてみました※

どフリー・キーパーと1対1は意外と難しい。

外から見て決めて当たり前と思われる場面でも、意外と難しく感じるのがフォワードあるある。(笑)

管理人テツ
確かに自分も「キターッ!!」と思う場面ほど、力が入って決め切れない事が多いですw

 

ミラクルシュートをよく打つ選手、簡単な場面で外しがち。

チームに1人はいる、「難しいシュートをよく決めて・簡単なシュートを外す」謎のフォワード。(笑)

管理人テツ
しかもこのタイプの選手は、強豪相手にも度々ゴラッソを決めるという...w

 

シュートを外した時に即コーナーアピール。

シュートを外した時に、「相手にボールが触った」と即コーナーアピールをするのもあるあるの1つ。(笑)

代表クラスの選手でも、頻繁にアピールしていますよね( ̄∇ ̄)v

管理人テツ
この他にも、ファールアピール・ハンドアピールも定番です。(笑)

 

点を決めたフォワードの直後のキックオフのチェックの速さ。

どんなに疲れている時間帯でも、、

点を決めるとを得た魚のように、走りまくるのがフォワードの性。(笑)

管理人テツ
あからさまに動きのキレが増すので、対戦相手からするとかなりムカつきますがw

 

決定機を外した時の、味方からの視線が痛い。

勝敗を左右するポジションともあり、味方からの期待も大きいのがフォワードの宿命。

主要大会の時は、ギャラリーからの視線・悲鳴も襲い掛かりますからね...(泣)

管理人テツ
絶好機を外した時は、顔を手で覆ったり・味方と目を合わせない選手も多いですね。(笑)

 

えぐいセンターバックと対峙した時の絶望感。

マッチアップするセンターバックが、抜けない・高い・強いというゴリゴリタイプだった時の絶望感。。w

管理人テツ
出し手としても、えぐいセンターバックを抱えるフォワードにはパスを出しにくいんですよね。(笑)

 

試合中に、相手ディフェンス選手と喧嘩しがち。

フォワードvsセンターバックの小競り合いは、もはやサッカーの醍醐味(?)w

フォワードはポストプレー・セットプレーでコンタクトプレーが多いので、本当によく揉めます。(笑)

管理人テツ
特にイケメン・チャラめのフォワードは激しめに削られるので、高確率で喧嘩になりますねw

 

試合中に、味方ディフェンス選手とも喧嘩しがち。

さらにフォワードは、相手だけでなく味方のディフェンス選手とも喧嘩になりがち。(笑)

管理人テツ
だいたい喧嘩のキッカケになるのは、、

「今のシュート打てよ!」「今の決めろよ!」この2つがキラーワードですねw

 

「どんどんシュートを打て!」と言われて打ったら、「何であそこで打った?」と理不尽に怒られがち。

味方)「ゴール見えたら積極的に打っていこ!」

FW)「おう!」⇒シュート

味方)「あの場面、何で打った?」

FW)「えwww」

管理人テツ
フォワードは、こんな理不尽なことも言われるポジションなんです。(笑)

 

GKのパントキックで競ったフリをすることがある。

GKのパントキックのヘディングを競るのが嫌で、何となく競ったフリをするのもフォワードあるあるの1つ。(笑)

管理人テツ
競りに行かずに、ディフェンスのファールを貰うフォワードも多いですね...( ̄∇ ̄)v

 

まとめ

以上が、サッカー部あるある【フォワード編】になります。

各ポジションのプレー中のあるあるは、テレビやメディアではなかなかクローズアップされないので、、

本記事を通して、「フォワード」というポジションのリアルが皆さんに伝われば嬉しいです...( ̄∇ ̄)v

では、今回は以上です!

最後まで閲覧いただき、ありがとうございます♪

人気記事
【日本/海外別】サッカー”MF(トップ下)”の超一流選手ランキングTOP10!【2019現役】

続きを見る

【3分で誰でも分かる】FW(フォワード)の役割&求められる動きとは?【一流選手も紹介】

続きを見る


Copyright© SOCCER MOVE , 2019 All Rights Reserved.