【守備のコツ】サッカーで”スライディング”をする5つのタイミングとは?

サッカー・フットサル中にギリギリのタイミングで繰り出す、「スライディング」

イチかバチか・そして判断力のセンスが問われる、得意不得意が分かれるプレー。

今回はそんなスライディングの具体的な5つのタイミングをそれぞれ簡単にまとめてみました!

いつも闇雲にスライディングに行ってかわされているという方は、今一度頭の中を整理してみて下さい♪


サッカーでスライディングをする5つのタイミング。

ルーズボールを奪いに行く時。

1つ目のタイミングは、”ルーズボールへの競り合い時”

自分の方がポジション取りが良く、このまま走り続ければボールを奪えるという時には滑る必要はありませんが。

ルーズボールに対する反応が相手より1歩遅れて、ポジション取りが悪くあと1歩間に合わない時にはスライディングが有効的。

先に滑って相手よりも先にボールを蹴り出しましょう!

相手のトラップが大きくなった時。

2つ目のタイミングは、”相手のトラップに隙が生まれた時”

相手のトラップ時にもスライディングのチャンスは生まれます。

・強いパスに対するトラップの時。

・浮き球に対するトラップの時。

など処理の難しいパスを受ける時には相手のトラップは乱れやすいので、

特に2種類のパスに注意しながら、相手のトラップの隙を狙ってみて下さい。

トラップが流れた時大きくなった時は、スライディングのチャンスです!

相手のドリブルが大きくなった時。

3つ目のタイミングは、”相手のドリブルに隙が生まれた時”

トラップミス同様に、ドリブルの隙もスライディングのチャンスです。

・相手が勝負をかけてきた時。

・相手がタッチミスをした時。

など”タッチが大きく体からボールが離れた時”はスライディングでボールを蹴り出しましょう!

ライン際で相手のプレーに隙が生じた時。

4つ目のタイミングは、”ライン際で相手のプレーに隙が生じた時”

”ライン際”これが重要。

コート中央ではなくライン際であれば、コートの外にボールを出してゲームの流れを切る事が出来ます。

ルーズボールが相手選手に渡る事もないので、スライディング後のリスクも少ないのがメリット。

狙うタイミングは上記のトラップの隙ドリブルの隙ですね、ライン際は積極的に滑ってもOK。

自分が抜かれてキーパーと1vs1になってしまう時。

5つ目のタイミングは、”自分が抜かれて決定的ピンチが生まれる時”です。

このスライディングは上記の4つの状況とは異なり、反則をしてでも相手を止めるスライディングになりますね。

自分の後ろに味方選手がいない状況で相手に突破を許した時は、キーパーと1vs1という決定的ピンチになってしまいます。

普通のゲーム展開であればキーパーに任せるしかありませんが、

0-0で後半終了間際などの拮抗したゲーム展開の時は、”ファール覚悟”で相手選手の背後からスライディングしなくてはいけない状況もあります。

今のピンチがゲームの結果を大きく左右する分岐点である場合は、滑る(ファール)判断も大事です。

 

【参考】スライディングの名手「パオロ・マルディーニ選手」

イタリア代表の伝説のDF、”パオロ・マルディーニ選手”

サッカー好きなら誰もが知る守備の名手ですね。

イタリア代表・ACミランでディフェンスリーダーを務めて数々のタイトルを獲得。

そんな彼の代名詞とも言える、「芸術的スライディング」

上記で言ったタイミングを完璧に網羅しているので、実際のプレーを見て参考にしてみて下さい♪

【参考動画】

 

まとめ

以上が、サッカー中のスライディングのタイミングになります。

スライディングを簡単にする癖がついてしまうと、守備の時についサボって滑ってしまう癖がついてしまうので。

あくまでスライディングは最終手段であるという事を頭に入れておいて下さいね...( ̄∇ ̄)v

では、今回は以上です!

本記事が皆さんのサッカーライフの参考になれば幸いです♪

最後まで閲覧いただき、ありがとうございます。

関連記事
【何が違う?】サッカー・フットサルのディフェンスが上手い人と下手な人の違いを生む5つの特徴を簡単解説。

Copyright© SOCCER MOVE , 2020 All Rights Reserved.