日本代表はどこに強い?ワールドカップの過去の成績から対戦国の相性を徹底調査!

更新日:

本記事は、

  • 日本代表の過去のワールドカップの対戦結果の傾向が気になる。。
  • 日本代表の今後のワールドカップを予想したい。。

など「サッカー日本代表のW杯における相性の良い相手・悪い相手等を詳しく知りたい!」という方に必見の内容となっています。

今回は日本代表が初めてW杯出場を果たした1998年フランス大会~2018年ロシア大会までの結果を分析してみました!

サッカー好き・サッカーをあまり知らない人の両方がワールドカップをより楽しめるように、出来るだけ分かりやすくまとめてみましたので、是非最後までご覧下さい♪

スポンサーリンク

日本代表・ワールドカップの過去の成績一覧。

まず始めに、1998年フランス大会~2018年ロシア大会までの日本代表の成績を辿っていきます。

1998年・フランスW杯

対戦国スコア
アルゼンチン(南米)0ー1●(負け)
クロアチア(欧州)0ー1●(負け)
ジャマイカ(アフリカ)1ー2●(負け)

日本代表が初めてW杯出場を果たした歴史的な1998年フランス大会。

中山雅史選手がジャマイカ戦でW杯初ゴールを挙げるも、結果は0勝3敗

グループリーグ敗退となりました...

 

2002年・日韓W杯

対戦国スコア
ベルギー(欧州)2ー2△(引き分け)
ロシア(欧州)1-0○(勝ち)
チュニジア(アフリカ)2ー0○(勝ち)
トルコ(欧州)0ー1●(負け)

日本・韓国共同開催となった2002年のW杯。

日本代表は、シドニー五輪世代の中田英寿・松田直樹・宮本恒靖、小野伸二・稲本潤一・中田浩二らの黄金世代を中心に見事2勝1分でグループリーグを突破!

決勝トーナメント1回戦で惜しくもトルコに敗れベスト16となりました...

 

2006年・ドイツW杯

対戦国スコア
オーストラリア(アジア)1ー3●(負け)
クロアチア(欧州)0ー0△(引き分け)
ブラジル(南米)1ー4●(負け)

中田英寿、中村俊輔、小野伸二、稲本潤一、宮本恒靖、高原直泰etc...史上最高メンバーで挑んだ2006年ドイツ大会。

しかし初戦の逆転負けから流れを取り戻す事は出来ずに、結果は1分2敗

グループリーグ敗退となりました...

 

2010年・南アフリカW杯

対戦国スコア
カメルーン(アフリカ)1ー0○(勝ち)
オランダ(欧州)0-1●(負け)
デンマーク(欧州)3-1○(勝ち)
パラグアイ(南米)0-0△(PK負け)

大会直前で中心選手の中村俊輔を外し、本田圭佑をワントップで起用するという戦術で挑んだ2010年南アフリカ大会。

守備的なカウンターサッカーが功を奏し、2勝1敗でグループリーグを突破!

決勝トーナメント1回戦で惜しくもパラグアイにPK戦で敗れベスト16となりました...

 

2014年・ブラジルW杯

対戦国スコア
コートジボワール(アフリカ)1ー2●(負け)
ギリシャ(欧州)0-0△(引き分け)
コロンビア(南米)1-4●(負け)

本田圭佑(ACミラン)、香川真司(マンチェスターU)、長友佑都(インテル)ら多くの海外組を主力に擁し挑んだ2014年ブラジル大会。

大会最高位の更新が期待されていたが、初戦の逆転負けが尾を引き結果は1分2敗

グループリーグ敗退となりました...

 

2018年・ロシアW杯

対戦国スコア
コロンビア(南米)2ー1○(勝ち)
セネガル(アフリカ)2-2△(引き分け)
ポーランド(欧州)0-1●(負け)
ベルギー(欧州)2-3●(負け)

大会直前の代表監督辞任騒動が冷めやらぬ中、西野監督が率いる新生日本代表が挑んだ2018年ロシア大会。

W杯史上初となるアジアチームでの南米撃破を成し遂げ勢いに乗ると、1勝1分け1敗でグループリーグを突破!

決勝トーナメント1回戦では、当時FIFAランク3位の優勝候補ベルギーを相手に2点のリードを奪うものの痛恨の逆転負けを喫しました...

 

スポンサーリンク

日本代表はどこに強い?過去の成績から対戦国の相性を分析。

今までの6大会を振り返ると対戦相手は、

①アフリカチーム

②欧州チーム

③南米チーム

大きく分けるとこの3つ。

続いて、過去6大会のワールドカップでの戦績による各チームとの相性の分析に移ります。

アフリカチーム(やや優勢)

・アフリカチームとのワールドカップでの戦績は以下の通りです。

通算勝敗2勝1分2敗
通算得点7点
通算失点6点
通算得失点+1点

日本代表のアフリカチームとの通算勝敗は2勝1分2敗と互角、得失点は+1点と日本がやや優勢となっています。

身体能力に優れているが組織力の脆さが目立つアフリカチーム。

組織力を武器とする日本代表には相性が良く、日本代表が主導権を握るゲームが多いです。

管理人テツ
アフリカチームに対して特別苦手意識を抱く必要はないと言えますね!

 

欧州チーム(やや劣勢)

・欧州チームとのワールドカップでの戦績は以下の通りです。

通算勝敗2勝3分4敗
通算得点6点
通算失点7点
通算得失点-1点

日本代表の欧州チームとの通算勝敗は2勝3分4敗、得失点は-1点とやや劣勢となっています。

高い組織力をベースに戦う欧州チームは、まさに日本代表が目指すチームスタイル。

同じスタイルともあり相性が良く、欧州の強豪国であっても善戦するゲームが多いです♪

管理人テツ
欧州の強豪国であっても日本代表にも勝機は必ずあります!

 

南米チーム(圧倒的に不利)

・南米チームとのワールドカップでの戦績は以下の通りです。

通算勝敗1勝4敗
通算得点4点
通算失点10点
通算得失点-6点

日本代表の南米チームとの通算勝敗は1勝4敗、得失点は-6点と日本が圧倒的に不利となっています。

組織力に対しては強みを持つ日本代表ですが、

「個の力」にはめっぽう弱い。

という弱点を持っています。

サッカーにあまり詳しくないという方は「個の力ってなに?」と思われているかもしれませんが、

メッシやネイマールが華麗なドリブルで攻めてくる。

分かりやすく言えばこれが「個の力」です。

組織力で守る日本代表からすると、1人1人の能力の高さを活かし個の力で攻めてくる南米チームは大の苦手。

管理人テツ
相手が南米チームであれば引き分けで上出来と思っておきましょう!

 

2022年・カタールW杯の予想は?

※対戦国が決まり次第、2022年・カタールW杯の予想を掲載します※

 

まとめ

日本代表の過去のワールドカップの成績から、

①アフリカチームにはやや優勢。

②欧州チームにはやや劣勢。

③南米チームには圧倒的に劣勢。

という事が分かりました。

もちろんFIFAランクが最も有効な指標になるのですが、大陸別で見ても結果に傾向が現れている事が明らかです。

特に南米チームへの苦手意識は著しく、ワールドカップの舞台では1勝しか挙げられていません...

今後のワールドカップでこれらのジンクスを打ち破るためにも、皆さんで日本代表チームを応援しましょう♪

本記事が皆さんの参考になれば幸いです。

では、今回は以上です!

最後まで閲覧頂き、ありがとうございます。

関連記事
未経験者でも分かる!「日本らしいサッカー」ってどんなサッカー?攻守の両面で超簡単解説。

【日本代表インタビューあるある】 ・「日本らしいサッカーを出来ればと思います。」 ・「日本のサッカーを出来なかった部分が敗因かなと。」 ・「自分たちのサッカーをお見せしたいですね。」etc... など ...

続きを見る

【サッカーW杯】歴代日本代表の国内組・海外組の割合をポジション別にまとめてみた!【全6大会から】

・国内組 ⇒国内のJリーグでプレーする選手のこと。 ・海外組 ⇒海外のリーグでプレーする選手のこと。 以前は多くの国内組の選手で構成されていた日本代表ですが、今では、 香川真司(ドルトムント)、本田圭 ...

続きを見る

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-W杯, 管理人コラム

Copyright© SOCCER MOVE , 2018 All Rights Reserved.