選手

【誰でも分かる】清武弘嗣ってどんな選手?プロフィール/プレースタイル/評価まとめ!【魅せる万能チャンスメーカー】

画像引用:Getty Images

~サッカー選手特集・「清武 弘嗣編」~

テツ
「魅せる万能チャンスメーカー」

清武 弘嗣選手の、プロフィール/プレースタイル/評価などを簡単に一通りピックアップしてみました!

清武弘嗣ってどんな選手?~プロフィール紹介~

名前 清武 弘嗣(きよたけ ひろし)
生年月日 1989年11月12日
血液型 O型
性格 マイナス思考
身長・体重 172cm・66kg
出身地 大分県
利き足 右足
結婚 既婚(2011年5月・足立真梨子)
高校年代 大分トリニータユース
入団チーム 大分トリニータ
移籍先① セレッソ大阪
移籍先② ニュルンベルク
移籍先③ ハノーファー
移籍先④ セビージャ
移籍先⑤ セレッソ大阪
メインポジション トップ下
サブポジション サイドハーフ
J1リーグ観戦
【DAZNレビュー】登録/支払い/視聴までの流れを簡単解説【TV・スマホ】

サッカーだけでなく多くのスポーツ中継の放映権を獲得している、「DAZN」 サッカー好きであれば、1度 ...

続きを見る

清武弘嗣ってどんな選手?~プレースタイルの特徴(武器)~

繊細なボールタッチとドリブル技術の高さ。

1つ目は、「繊細なボールタッチとドリブル技術の高さ

清武選手のプレースタイルを語る上で外せないポイントが、”テクニック・上手さ”

サッカーファンであれば、

清武選手=とにかく上手い

と思っている人は多いでしょう。

特に密集地帯でも細かいタッチで抜け出していく繊細なタッチ、ドリブルスキルは代名詞。

上手いというより、もはやエロさすら漂いますね...( ̄∇ ̄)v

テツ
局面を打開できるボールタッチ・ドリブル技術の高さ、これが清武選手の1つ目の魅力と言えます♪

左右両足のキック精度が高く、長短のパスでどこからでもチャンスメイク出来る。

2つ目は、「左右両足のキック精度が高く、長短のパスでチャンスメイク出来る

ドリブルorキックどちらかに特化している選手は多いですが、清武選手は両方に特化しています。

ドリブルで打開するだけでなく、高精度のキックからもチャンスメイクが可能。

また左右両足のキックを得意としているので、中央・左右サイド問わずどこからでもベストなタイミングでパスを供給。

この”万能性”こそ、清武選手の次なる魅力。

テツ
個も強く・味方も活かせるチャンスメーカーなので、相手からしても非常に厄介な存在と言えるでしょう♪

ボールの持ち方が上手く、自分で打つorラストパスを出すかを相手DFに読ませない。

3つ目は、「ボールの持ち方が上手く、自分で打つorラストパスを出すかを相手DFに読ませない

ドリブルの上手さ・キック精度の高さに加えて、清武選手は”ボールの持ち方も抜群に上手い”です。

ドリブルの姿勢が良く・視野が広いので、相手DFに次のプレーを読ませません。

そのためギリギリまで駆け引きが出来るので、ゴール前での清武選手のドリブルは”まさに脅威”。

パスを警戒していればそのまま打ち抜かれ、シュートを警戒していればラストパスを出されてしまいます...。

テツ
相手DFを手玉に取る万能テクニシャン、これからも攻撃の核としてチームを牽引していくでしょう♪

 

清武弘嗣ってどんな選手?~サッカーファンからの評価/反応~

サッカーファンからのプラスの評価/反応

サッカーファンからのマイナスの評価/反応

清武弘嗣に対する評価/反応まとめ

サッカーファンが思い描く「清武弘嗣」の選手像

  • ドリブル・パスどっちも上手い。
  • 攻撃センスがワールドクラス。
  • 大事な所での怪我が多い。
  • 守備がやや不安。

さすがはリーガの名門セビージャに認められた攻撃センスの高さ、とにかく「上手い」という声が非常に多いです。

またパス・ドリブルの両方をトップレベルでこなす、”万能性”も評価されているようです。

一方マイナスの声で圧倒的に多かったのが、「怪我の多さ」

特に大事な試合の前での怪我が多く、メンタル面の弱さを指摘する人もいました。

テツ
確かに怪我の多さはやや気になるポイント...今後は怪我なく活躍してもらいたいですね♪
J1リーグ観戦
【DAZNレビュー】登録/支払い/視聴までの流れを簡単解説【TV・スマホ】

サッカーだけでなく多くのスポーツ中継の放映権を獲得している、「DAZN」 サッカー好きであれば、1度 ...

続きを見る

 

まとめ

抜群のボールタッチ・キック精度の高さで決定機を演出する万能アタッカー「清武弘嗣」

似ているプレイヤーとして良く例えられるのが、「香川真司」選手ですね。

かつてセレッソで共にプレーしていた事もあり、互いに実力を認め合う2人。

テツ
2人のファンでもある自分は、陰ながら2度目のセレッソでの競演を期待しています...(笑)

では、今回は以上です!

最後まで閲覧いただき、本当にありがとうございます。

-選手

© 2021 SOCCER MOVE