選手

【誰でも分かる】岡崎慎司ってどんな選手?プロフィール/プレースタイル/評価まとめ!【日本サッカー史に残るゴールハンター】

画像引用:Getty Images

~選手特集・「岡崎慎司」編~

テツ
「日本サッカー史に残るゴールハンター」

岡崎慎司選手の、プロフィール/プレースタイル/評価などを簡単に一通りピックアップしてみました!

岡崎慎司ってどんな選手?~プロフィール紹介~

名前 岡崎 慎司(おかざき しんじ)
生年月日 1986年4月16日
血液型 O型
性格 努力家/面白い
身長・体重 174cm・76kg
出身地 兵庫県
利き足 右足
結婚 既婚(2008年7月・一般女性)
高校年代 滝川第二高校(兵庫県)
入団チーム 清水エスパルス
移籍先① VfBシュトゥットガルト
移籍先② 1.FSVマインツ05
移籍先③ レスター・シティFC
移籍先④ マラガ
移籍先⑤ SDウエスカ
メインポジション フォワード
サブポジション サイドハーフ

岡崎慎司ってどんな選手?~プレースタイルの特徴(武器)~

”ゴールを奪うため”の動き出し・ポジショニングの質の高さ。

1つ目は、「”ゴールを奪うため”の動き出し・ポジショニングの質の高さ

岡崎選手の得点パターンはほとんどがワンタッチゴール、とにかくタッチ数が少ないゴールが目立ちます。

これは岡崎選手が、”少ないタッチでゴール出来るポジションを常に取っているという事を意味します。

いわゆる「ゴールへの嗅覚」

味方選手がゴール前にパスを出す体勢に入った時、岡崎選手は自分がゴール出来るポジションに入り込みます。

・相手選手の背後を取る動き出し。

・一気に相手選手の前に走り込む。etc...

などボールを受ける前のポジション取りが抜群に上手いです。

テツ
この”動き出し・ポジショニングの質の高さ”こそが岡崎選手の最大の魅力と言えます♪

”何が何でも貪欲にゴールを奪う”という泥臭さ。

2つ目は、「”何が何でも貪欲にゴールを奪う”という泥臭さ

岡崎慎司=泥臭い

というイメージが定着するほど、岡崎選手といえばどんな状況でも貪欲にゴールを狙うプレーが特徴的です。

たとえ相手選手に倒されながらでも、体を投げ出してでも得点を狙います。

普通の選手が諦めるようなシーンからでも得点を奪える。

これこそが岡崎選手が得点を量産出来る極意。

テツ
現に岡崎選手は万全な体勢でないゴールシーンが多いので、そこにも注意して見てみて下さい!

前線から激しくプレッシャーをかけ続ける、守備意識の高さ。

3つ目は、「前線から激しくプレッシャーをかけ続ける、守備意識の高さ

岡崎選手の唯一無二とも言える長所。

それは、ストライカーでありながら守備にも特化しているという所です。

最前線でも決してサボらず、豊富な運動量を活かして相手選手のボールを追い続けます。

これは欧州でも高い評価を受けており、”まるで猟犬のようだ”とも言われていました。

前線の選手が高い位置でボールを奪う事は、

・チャンスに直結する。

・味方守備陣の負担を減らす。etc...

などチームに多くの好影響をもたらします。

テツ
目立つプレーではありませんが、レスター優勝時は「影のヒーロー」とも賞賛されているようにチームへの貢献度の大きさも岡崎選手の魅力と言えます♪

 

岡崎慎司ってどんな選手?~サッカーファンからの評価/反応~

サッカーファンからのプラスの声

サッカーファンからのマイナスの声

岡崎慎司に対する評価/反応まとめ

サッカーファンが思い描く「内田篤人」の選手像

  • 得点力に優れるストライカー。
  • 泥臭いプレー・守備が出来る貴重な選手。
  • ハードワークしてチャンスに絡める。
  • 足元の技術力がやや低く、ゲームメイク力が物足りない。

日本代表歴代3位の50得点を挙げている事もあり、”得点力のあるフォワード”としての評価が多いです。

また泥臭さ・守備力・運動量を評価する声も多く、チームに欠かせない選手として信頼を集めている事もよく分かりますね。

テツ
一方足元の技術力を不安視する声もありますが、それも含めて”岡崎選手らしさ”と言えるので、そこは温かい目で見守りましょう!

 

まとめ

日本代表歴代3位の50得点を挙げた、日本サッカー史に残るストライカー・岡崎慎司”

上手さでは香川選手などに軍配が上がりますが、世界での活躍度は個人的には岡崎選手がNo.1だと思います。

テツ
ガムシャラなプレーでも世界トップで活躍出来る事を証明した偉大なストライカーとも言えますね。

では、今回は以上です!

最後まで閲覧いただき、ありがとうございます。

-選手

© 2020 SOCCER MOVE