選手

【誰でも分かる】堂安律ってどんな選手?プロフィール/プレースタイル/評価まとめ!【マラドーアンとも呼ばれる浪花のドリブラー】

画像引用:Getty Images

~サッカー選手特集・「堂安律編」~

テツ
マラドーアンとも呼ばれる浪花のドリブラー

堂安律選手の、プロフィール/プレースタイル/評価などを簡単に一通りピックアップしてみました!

堂安律ってどんな選手?~プロフィール紹介~

名前 堂安 律(どうあん りつ)
生年月日 1998年6月16日
血液型 A型
性格 熱い/負けず嫌い
身長・体重 172cm・70kg
出身地 兵庫県
利き足 左足
結婚 独身
高校年代 ガンバ大阪ユース
入団チーム ガンバ大阪
移籍先① FCフローニンゲン
移籍先② PSV
メインポジション 右サイドハーフ
サブポジション 左サイドハーフ

堂安律ってどんな選手?~プレースタイルの特徴(武器)~

世界レベルの鋭い左足のカットインで得点を演出。

1つ目は、「世界レベルの鋭い左足のカットインでチャンスを演出

堂安選手のプレースタイルの最大の武器は、右サイドからの左足での鋭いカットイン

そのカットインは、世界的に有名なレフティーでいうロッベンやシャキリを彷彿とさせますね。

スピードの緩急をつけながら、相手を次々と剥がしていく力強いドリブルが特徴的。

自分で持ち込んで強烈なミドルを叩き込む形が得意で、決定的なラストパスも出せるので、堂安選手のカットインは得点の起点となります。

テツ
右斜め45度で堂安選手がボールを持ったら、「何をやってくれるんだろう」とワクワクしますね。

フィジカルに優れているため、ボールロストが少ない。

2つ目は、「フィジカルに優れているため、ボールロストが少ない

堂安選手の次なる武器は、キープ力の高さ

足元の技術力に優れるだけでなく、フィジカルにも特化しているので相手の激しいプレッシャーを受けてもボールを簡単には失いません。

屈強な外国人選手に囲まれても、ボールロストが少なく密集地を抜け出すシーンもよく見られますね。

またキープ力の高い堂安選手がサイドでボールを受ける事によりタメが作れるので、味方選手も信頼して動き出す事が出来ます。

テツ
「堂安選手にボールが入った時=チームの攻撃のスイッチが入る」といったイメージですね。

ゴール前では迷わず1人でフィニッシュの形まで持っていける。

3つ目は、「ゴール前では迷わず1人でフィニッシュの形まで持っていける

堂安選手はドリブラーでありながらストライカーでもある、日本選手には珍しいサイドアタッカー。

魅せるドリブルではなく、ゴールへの道をこじ開けるドリブルを得意としているので。

ゴール前では1人でフィニッシュまで持っていく事が出来ます。

日本人選手によく見られる「そこでパスかーい!」といった消極的なプレーが少なく、ゴール前で貪欲にゴールに向かうプレーが堂安選手の持ち味。

テツ
チャンスメイクだけでなく、決定力にも優れるサイドアタッカー。

これが堂安選手の3つ目の魅力です♪

 

堂安律ってどんな選手?~サッカーファンからの評価/反応~

サッカーファンからのプラスの評価/反応

サッカーファンからのマイナスの評価/反応

堂安律に対する評価/反応まとめ

サッカーファンが思い描く「堂安律」の選手像

  • カットインがえぐい。
  • カットインからのミドルの形が好き。
  • ゴール前の落ち着きがある。
  • 持ち過ぎて攻撃のテンポが落ちる事がある。etc...

堂安選手を評価する声で多かったのは「カットインがえぐい」「カットインからのミドルが好き」といった右サイドからのカットインに関する声。

またゴール前での落ち着き得点力を評価する声も見受けられました。

一方マイナスの評価としては「持ち過ぎてテンポを落とすことがある」という声がちらほら。

少ないタッチでシンプルにさばいて欲しい時に、玉離れが悪いと気になっているファンもいるようですね。

また「右足の精度を上げて欲しい」という声も。

テツ
今後は左足のカットインを警戒される事が多くなると思うので、縦に仕掛けて右足で折り返すプレーを形に出来ればサイドアタッカーとしての怖さは更に増していくと思われます。

 

まとめ

2018年ロシアW杯後に満を持して日本代表に現れた、次世代のエース候補・怪物レフティー「堂安律」

ミドルシュートを武器とする得点力のあるドリブラーは、日本サッカー界が求めていた待望のサイドアタッカー。

久保建英選手らとの競争を制して、日本代表の右サイドハーフで定位置を掴めるでしょうか...?

テツ
今までになかなか居なかった”個の力に特化”した堂安選手、中島翔哉選手との両ウィングで日本代表新時代を築いていって欲しいですね♪

では、今回は以上です!

最後まで閲覧いただき、ありがとうございます。

-選手

© 2020 SOCCER MOVE