選手

【誰でも分かる】本田圭佑ってどんな選手?プロフィール/プレースタイル/評価まとめ!【孤高の”オレ流”ストライカー】

画像引用:Getty Images

~サッカー選手特集・「本田圭佑編」~

テツ
「孤高の”オレ流”ストライカー」本田圭佑選手の、プロフィール/プレースタイル/評価などを簡単に一通りピックアップしてみました!

本田圭佑ってどんな選手?~プロフィール紹介~

名前 本田 圭佑(ほんだ けいすけ)
生年月日 1986年6月13日
血液型 AB型
性格 超ポジティブ/リーダーシップ
身長・体重 182cm・74kg
出身地 大阪府
利き足 左足
結婚 既婚(2008年7月・一般女性)
高校年代 星稜高校(石川県)
入団チーム 名古屋グランパスエイト
移籍先① VVVフェンロ
移籍先② CSKAモスクワ
移籍先③ ACミラン
移籍先④ CFパチューカ
移籍先⑤ メルボルン・ビクトリーFC
移籍先⑥ フィテッセ
移籍先⑦ ボタフォゴ
メインポジション トップ下
サブポジション 右ウィング

本田圭佑ってどんな選手?~プレースタイルの特徴(武器)~

世界レベルの”精度の高い左足のキック”で決定機を作り出す。

1つ目は、「世界レベルの”精度の高い左足にキック”で決定機を作り出す

本田選手の利き足でもある左足の精度はまさに世界レベル

トラップ・ドリブル・パス・シュート、ほとんど全てのプレーをその左足でこなします。

特にキック精度の高さは世界でもトップレベル。

ラストパス・ミドルシュート・FKなどで魅せる正確無比なキック。

ゴール前で本田選手がキックモーションに入る時は、得点の匂いが強烈に香ります。

余談になりますが、2009年のオランダとの親善試合であの中村俊輔選手からFKのキッカーを奪おうとしたエピソードもかなり有名。

テツ
自分のキック精度に絶対的な自信を持っているからこそ出来る行動ですよね...( ̄∇ ̄)v

”屈強なフィジカル”を活かしたボールキープの安定感。

2つ目は、「”屈強なフィジカル”を活かしたボールキープの安定感

キック精度と同様に世界レベルにあるもう一つの武器は”フィジカルの強さ”

本田選手はJリーグ時代はやや細身でしたが、海外に行ってからのフィジカル強化によって日本人離れした強靭なフィジカルを手に入れました。

とにかく負けず嫌いな本田選手なので、屈強な海外選手の強い当たりを跳ね返せるフィジカルを手に入れようと考えたのかもしれませんね。

2012年にK―1ファイターの佐藤嘉洋選手と対面した際には、

「俺も戦えるんスよ。そこらの格闘家より強いですから。ケンカには自信があるんで」

という驚きの発言でも注目を集めました。(笑)

実際にこの自信を生み出すフィジカルの強さは本物、屈強な外国人選手を相手にしてもフィジカルコンタクトで本田選手がブッ飛ばされる事はほとんどありません。

なので、

・ポストプレー。

・カウンター時の前線でのタメ。

といったプレーでは本田選手のボールキープの安定感が際立ちます。

テツ
日本人選手には希少な”フィジカルで闘える選手”ともあり、味方選手は安心してボールを預ける事が出来ます。

”誰にも負けない勝利への貪欲さ”がチームの士気を上げる。

3つ目は、「”誰にも負けない勝利への貪欲さ”がチームの士気を上げる

キック精度・フィジカルの強さ、次なる本田選手の魅力は”貪欲なメンタリティ”です。

控えめな性格が多い日本人選手の中で、勝利を渇望する強い気持ちを持つ本田選手はまさに希少。

これは常に世界のトップを意識している本田選手だからこそ身に付けられた、強烈な武器と言えるでしょう。

常に”第一に勝利”を考えているので、自分の考えと合わなければ相手が監督であろうと正面からぶつかります。

北京五輪のオランダ戦では、反町監督の「引いて守ろう」という作戦を鵜呑みにせず、前のめりでのプレーを選択。

ハリルホジッチ監督とも2時間に及ぶ激論を交わしたとされており、その熱さは指揮官泣かせとも言えるでしょう。(良い意味で)

逆境をもろともせず常に上を目指し続けるこのメンタリティーは、チーム全体の士気を引き上げてくれます。

テツ
チームの先頭に立つ人間が「絶対に勝てる」と言えば、チームメイトも自ずと勝利をイメージ出来ますからね♪

 

本田圭佑ってどんな選手?~サッカーファンからの評価/反応~

サッカーファンからのプラスの評価/反応

サッカーファンからのマイナスの評価/反応

本田圭佑に対する評価/反応まとめ

サッカーファンが思い描く「本田圭佑」の選手像

  • キープ力があってタメが作れる。
  • 決定力が高い。
  • 日本人離れしたメンタリティー。
  • スピードが物足りない。
  • 守備がやや脆い。

屈強なフィジカルを活かしたキープ力の安定感、ゴール前での決定力の高さを評価する声が多いようです。

また、日本人選手には珍しいメンタリティーの強さを羨む声も目立ちました。

一方でスピードの遅さ・守備の脆さから、サイドでの起用を問題視する声も見受けられました。

献身的な守備も持ち味ですが、スピードに特化したウィンガーとの対決はミスマッチかもしれませんね。

テツ
やはり本田選手が最も輝く場所は、ウィンガーではなく”トップ下”と言えるでしょう!

 

まとめ

環境に左右されず自分を確立し我が道を突き進んできた、孤高の”オレ流”ストライカー「本田圭佑」

協調性に特化する日本人プレイヤーの中では”唯一無二の存在”と言えるでしょう。

テツ
また本田選手は”ビジネス”に対しても積極的に活動しているので、今後はサッカー選手以外の本田圭佑にも要注目ですね!

では、今回は以上です!

最後まで閲覧いただき、ありがとうございます。

-選手

© 2020 SOCCER MOVE