選手

【怪物イブラ】全てが伝説、規格外のエピソード&名言20連発。

サッカー界における怪物といえば...?

・・・

・・

コンスタントに記録を積み重ね一時代を築き上げてきた2人のスーパースター。

「メッシ」や「C.ロナウド」も怪物級の選手であることに違いありませんが、

自分は「ズラタン・イブラヒモビッチ」と答えますね。。

規格外のプレー・言動で数々の伝説を残してきた名選手。

スケールがとにかく大きく、何をしても注目を集める圧倒的カリスマ性。

これほど怪物という言葉が似合う選手は他にいないでしょう...

そこで今回は、個人的に好きな選手であったという事もあり、

合わせてイブラヒモビッチ選手のエピソード&名言を20個リストアップ。

※「いつでも見返せるように」と自分用の記事でもあります。(笑)

もくじ

「ズラタン・イブラヒモビッチ」

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Zlatan Ibrahimović(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Zlatan Ibrahimović(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿 -

名前 ズラタン・イブラヒモビッチ
生年月日 1981年10月3日
血液型 O型
身長・体重 195cm・95kg
国籍 スウェーデン/ボスニア/イタリア
利き足 右足
11歳年上の実業家のヘレナ・セーガー
入団チーム マルメFF(#27→#9)
移籍先① アヤックス(#9)
移籍先② ユベントス(#9)
移籍先③ インテル(#8)
移籍先④ バルセロナ(#9)
移籍先⑤ ACミラン(#11)
移籍先⑥ パリサンジェルマン(#18→#10)
移籍先⑦ マンチェスターユナイテッド(#9→#10)
移籍先⑧ LAギャラクシー(#9)
移籍先⑨ ACミラン(#21→#11)
タイトル(チーム) エーデルウィジ、セリエA、リーガ、リーグアンで優勝、その他カップ戦etc...
タイトル(個人) UEFAベストイレブン、セリエA得点王、リーグ・アン得点王、スウェーデン最優秀選手etc...
ポジション フォワード

類稀なるフィジカル・所属クラブ・タイトルを見るだけでも名選手である事が一目瞭然ですが...

実際のエピソードや名言も伝説としてサッカー界に残している「ズラタン・イブラヒモビッチ」

今回はそんな彼の規格外のエピソード&名言をピックアップしてみました。

【怪物イブラ】全てが伝説、規格外のエピソード・名言20連発。

~規格外の名言10連発~

管理人テツ
まず始めは「規格外のエピソード」から。

後半で「規格外の名言」を紹介します。

~規格外のエピソード10連発~

Embed from Getty Images

優勝請負人、所属クラブで数多くのタイトルを獲得。

所属クラブでのリーグ優勝回数:13

・エーデルウィジ:2回(アヤックス)

・セリエA:6回(インテル×3・ユベントス×2・ミラン×1)

・リーガエスパニョーラ:1回(バルセロナ)

・リーグアン:4回(パリサンジェルマン)

※その他カップ戦などでもタイトルを獲得。

管理人テツ
「強豪クラブに居ただけ」という声も見かけましたが、そもそも強豪クラブを渡り歩ける事自体が凄いんですよね。

最多得点記録を更新。

・パリサンジェルマン:2014-15年シーズンにクラブ通算110得点目を挙げて、クラブ最多記録を更新。

・LAギャラクシー:2019年シーズンに30得点を挙げてクラブのシーズン最多得点記録を更新。

・スウェーデン:2019年に代表通算50得点目を挙げて、スウェーデンの歴代最多得点記録を更新。etc...

管理人テツ
LAギャラクシーでシーズン30得点を記録した時が37歳という伝説ぶり...

最年長得点記録を更新。

38歳129日でセリエAのミラノダービーでゴールを決め、ミラノダービー史上最年長得点を更新。

35歳125日でプレミアリーグでシーズン15ゴール目を決め、プレミアで15得点の最年長記録を更新。etc...

管理人テツ
本気かは分かりませんが、”50歳までの現役宣言”をしていたのでまだまだ記録は更新されていくでしょう...

真似出来ないアクロバティックなプレー。

管理人テツ
テコンドー黒帯ともあり、ヒールキックや回し蹴りのようなプレーが異次元。(笑)

記憶に残るゴラッソが多い。

管理人テツ
記録だけでなく、記憶に残るゴールも多いのがイブラスタイル。

自分はイブラヒモビッチと聞くとこの「スーパーオーバーヘッド」を思い浮かべます...( ̄∇ ̄)v

飢餓に苦しむ人々の名前をタトゥーに入れ、得点後ユニフォームを脱ぎ世界に拡散。

2015年2月14日リーグアン第25節カーン戦、パリサンジェルマンに所属していたイブラヒモビッチ選手は、開始72秒に先制点を決めた後ユニフォームを脱いで、イエローカード。

その時上半身に入っていたのは世界中で飢餓に苦しむ実際の人達の名前だった。

管理人テツ
世界中にファンを持つ彼の拡散力、退場も覚悟していたようです。

取材中のカッサーノにハイキックを見舞う。

Embed from Getty Images

管理人テツ
取材中に背後からハイキックは有名なエピソードですね。(笑)

本人はじゃれ合っているつもりでも、カッサーノは命の危機を感じたハズ...w

伝説のFWロナウドを、不敵な笑みでガン見。

管理人テツ
実は、憧れのロナウドを目の前に興奮していたとのこと。(笑)

自分なら有り金を差し出して家に帰りますねw

ガットゥーゾをゴミ箱に投げ入れた。

Embed from Getty Images

管理人テツ
トレーニング中にちょっかいをかけてきたガットゥーゾを、ロッカールームでゴミ箱に投げ入れたイブラ様。

あの狂犬ガットゥーゾを...しかも4つ年上...(怖)

過去に削られたマテラッツィにテコンドーキック。

Embed from Getty Images

管理人テツ
ユベントス時代に削られたマテラッツィに、ミラノダービーでテコンドーキック炸裂。

「この瞬間を4年前から待っていたのさ」、マテラッツィ相手でもお構いなし...

 

~規格外のエピソード10連発~

~規格外の名言10連発~

Embed from Getty Images

「王としてここにやって来た。そしてレジェンドとして去る」

※パリサンジェルマン退団時のコメント。

管理人テツ
実際に当時のクラブ最多得点記録を更新した本当のレジェンド。

「俺のいないワールドカップなど見る価値がない」

※ブラジルW杯欧州予選のプレーオフ敗退時のコメント。

管理人テツ
イブラ語録でも有名な言葉ですね...( ̄∇ ̄)v

「俺はズラタンだ!お前らは誰だ!?」

※アヤックス移籍後の初練習、チームメイトへの自己紹介時のコメント。

管理人テツ
新人が合流一発目でこの挨拶...w

その後しっかり結果で証明するのが、「ズラタン・イブラヒモビッチ」

「何もあげる必要はない。彼女にはもうズラタンがいる」

※奥様のヘレナさんへの婚約プレゼントについて質問された時のコメント。

管理人テツ
「ズラタン」を自分の名前に入れ替えると笑えますね。

これが成り立つのはローランドかイブラ様か。(笑)

「エッフェル塔の代わりに俺の銅像を建てるなら、PSGに残ってやっても良い」

※パリサンジェルマンとの契約が満了し去就を聞かれた時のコメント。

管理人テツ
契約が満了するクラブに対して、「残ってやっても良い」はまさに規格外。

イブラ塔...エッフェル塔に名前負けしていないような...w

「オレを獲得するということは、フェラーリを1台買うことだ」

※1シーズンで退団したバルセロナのグアルディオラ監督との確執を聞かれた時のコメント。

管理人テツ
「軽油を入れて田舎道を走らせやがった」と自分を活かせなかった監督を批判。

しかもその相手が、名将・ジョゼップ グアルディオラ。

「ズラタン流だ!」

※プレースタイルが「スウェーデン流」か「旧ユーゴスラビア流」なのかを聞かれた時のコメント。

管理人テツ
確かに実際のプレーを見る限り、唯一無二の「ズラタン流」であるのは納得...(笑)

「なんでだい?君は今、その神を見つめているじゃないか」

リポーター「ワールドカップのプレーオフを勝ち抜くのはどのチーム?」
イブラ「神だけが知っている」
リポーター「神に尋ねるのは難しそうね」の後のコメント。

管理人テツ
イブラヒモビッチは王であり神であり伝説...

「助けることはできない、俺の完璧さに笑うしかない」

※才能が無い人について聞かれた時のコメント。

管理人テツ
1度でいいから自分の才能に笑ってみたいです...イブラ様...(笑)

「ズラタンはオーディションを受けない」

※当時17歳、アーセナルのベンゲル監督にまずはトライアルを受けてからと言われた時のコメント。

管理人テツ
普通の17歳なら喜んで参加する話を一蹴する、イブラヒモビッチ(17歳)

この頃から王者のメンタルは完成していた模様。

 

まとめ

もはや生き様その物が規格外なので、全ての行動・言動が伝説なのでは...?と思うほど。

他にも規格外のエピソード・名言は沢山あるのですが、とても全てを記事には書ききれないので、今回は中でも20個をピックアップしてみました。

「byイブラヒモビッチ」を付けると全てが伝説になる説(?)

同じ男からしても、カッコ良いの一言に尽きます...。

では、今回は以上です!

最後まで閲覧頂き、ありがとうございます♪

-選手

© 2023 SOCCER MOVE