選手

【誰でも分かる】大迫勇也ってどんな選手?プロフィール/プレースタイル/評価まとめ!【半端ないポストプレーヤー】

画像引用:Getty Images

~サッカー選手特集・「大迫勇也編」~

テツ
半端ないポストプレーヤー

大迫勇也選手の、プロフィール/プレースタイル/評価などを簡単に一通りピックアップしてみました!

大迫勇也ってどんな選手?~プロフィール紹介~

名前 大迫 勇也(おおさこ ゆうや)
生年月日 1990年5月18日
血液型 O型
性格 クール/ストイック
身長・体重 182cm・71kg
出身地 鹿児島県
利き足 右足
結婚 既婚(2014年3月・三輪麻未)
高校年代 鹿児島城西高校
入団チーム  鹿島アントラーズ
移籍先① TSV1860ミュンヘン
移籍先② 1.FCケルン
移籍先③ ブレーメン
メインポジション フォワード
サブポジション シャドー(中央2列目)

大迫勇也ってどんな選手?~プレースタイルの特徴(武器)~

プレッシャーを受けながらの安定感のあるポストプレー。

1つ目は、「プレッシャーを受けながらの安定感のあるポストプレー

日本人フォワードの課題とも言われている、ポストプレーを”大迫選手は自身の最大の武器としています。

特に大迫選手は体の使い方・腕の使い方が上手く、相手のプレッシャーの勢いをいなす能力に長けていますね。

・ボールが来る前に相手選手にわざとぶつかる。

・あえて相手に当たらずに引いてみる。etc...

など細かい動きの工夫が、大迫選手のポストプレーには見られます。

また相手のプレッシャーに慌てることなく、ポストプレー時の落ち着きも超一流。

テツ
日本人FWはなかなかボールが収まりにくい傾向がありますが、大迫選手のポストプレーには別格の安定感がありますね♪

シュート・パス・ドリブルなども万能にこなせるユーティリティさ。

2つ目は、「シュート・パス・ドリブルなども万能にこなせるユーティリティさ

日本人フォワードと言えば、シュート・ドリブルなど1つの能力に特化した選手が多いですが。

大迫選手はポストプレーだけでなく、シュート・パス・ドリブルなど全てを万能にこなす事が出来ます。

このユーティリティーさこそが、”大迫選手の魅力”

プレッシャーを受けて後ろを向いてのプレー、前を向いてのプレーのどちらにも苦手意識が無いので、

択出来るプレーの幅が広く、様々な位置からチャンスを生み出す事が出来ます♪

テツ
相手ディフェンダーに的を絞らせない変幻自在のストライカー、相手にすると非常に厄介なプレイヤーですね...( ̄∇ ̄)v

競り合い後のルーズボールを確保出来るキープ力の高さ。

3つ目は、「競り合い後のルーズボールを確保出来るキープ力の高さ

大迫選手はポストプレーの上手さに加えて、競り合い後のルーズボールのキープ力の高さにも優れています。

競り合い後にこぼれた五分のボールに対する体の入れ方も上手く、ルーズボールを再びマイボールとする事が出来ます。

簡単に競り合い後のボールを失いません。

多くの日本人フォワードはルーズボールへの競り合いで後手に回る事が多いですが、この能力も”大迫選手の希少な魅力”と言えますね。

テツ
「ポストプレーが上手く、ボール保持率も高い」

この信頼度の高さから、味方選手は大迫選手にバンバン縦パスを入れる事が出来るのです。

 

大迫勇也ってどんな選手?~サッカーファンからの評価/反応~

サッカーファンからのプラスの評価/反応

サッカーファンからのマイナスの評価/反応

大迫勇也に対する評価/反応まとめ

サッカーファンが思い描く「大迫勇也」の選手像

  • ポストプレーが上手い。
  • キープ力が高い。
  • ポストプレーよりも決定機を作って欲しい。
  • 決定力が物足りない。etc...

やはりポストプレーの名手ともあり、ポストプレーの上手さ・キープ力の高さを評価する声が非常に多かったです。

ただ一方で、「ポストプレーよりも決定力が欲しい...」という声もちらほら。

たしかにプレーのクオリティが高くチャンスメイク力は申し分がありませんが、

FWである以上、得点の量産を望んでいるファンも多いようです。

テツ
ポストプレー・チャンスメイクに加えて、得点を量産するようになれば。

”和製レヴァンドフスキ”と呼ばれる日も遠くはなさそうですね...

 

まとめ

日本人フォワードの課題と言われているポストプレーを武器とする

日本代表に欠かせないストライカー「大迫勇也」

屈強なディフェンダーが揃うブンデスリーガの地で、その武器にさらに磨きがかかっています。

テツ
個人的には欧州のビッグクラブで活躍するポテンシャルは十分あると思っています!

では、今回は以上です!

最後まで閲覧いただき、ありがとうございます。

-選手

© 2020 SOCCER MOVE