選手

【誰でも分かる】宇佐美貴史ってどんな選手?プロフィール/プレースタイル/評価まとめ!【日本サッカー史に残る天才アタッカー】

画像引用:Getty Images

~サッカー選手特集・「宇佐美貴史編」~

テツ
「日本サッカー史に残る天才アタッカー」

宇佐美貴史選手の、プロフィール/プレースタイル/評価などを簡単に一通りピックアップしてみました!

宇佐美貴史ってどんな選手?~プロフィール紹介~

名前 宇佐美 貴史(うさみ たかし)
生年月日 1992年5月6日
血液型 B型
性格 面白い/ムードメーカー
身長・体重 178cm・69kg
出身地 京都府
利き足 右足
結婚 既婚(2011年4月・宇佐美蘭)
高校年代  ガンバ大阪ユース
入団チーム  ガンバ大阪
移籍先①  バイエルン・ミュンヘン
移籍先②  オッフェンハイム
移籍先③  ガンバ大阪
移籍先④ アウクスブルク
移籍先⑤ デュッセルドルフ
移籍先⑥ ガンバ大阪
メインポジション 左ウィング
サブポジション トップ下・フォワード
J1リーグ観戦
【DAZNレビュー】登録/支払い/視聴までの流れを簡単解説【TV・スマホ】

サッカーだけでなく多くのスポーツ中継の放映権を獲得している、「DAZN」 サッカー好きであれば、1度 ...

続きを見る

宇佐美貴史ってどんな選手?~プレースタイルの特徴(武器)~

日本人離れした力強いドリブルの突破力。

1つ目は、「日本人離れした力強いドリブルの突破力

宇佐美選手の最大の魅力とも言える、”ドリブル突破力”

そのドリブルスタイルは足元のテクニックで相手を交わすだけではなく、スピードの緩急で相手選手を切り裂く前に突き進むドリブルも得意としています。

また体幹も強く、相手選手の激しいプレッシャーをかわし切る力強いドリブルは見ていて爽快。

テツ
ドリブラーの中には相手のプレッシャーですぐに倒れる選手も多いですが、宇佐美選手の力強いズバズバ抜き去るドリブルは見ていて気持ちいいですね...( ̄∇ ̄)v

左右両足から精度の高い強烈なシュートを打てる。

2つ目は、「左右両足から精度の高い強烈なシュートを打てる

得点力不足が問題視されている日本サッカー界では数少ない、”得点力の高さ”を持っている宇佐美選手。

エリア内・エリア外問わず両足で精度の高い強烈なシュートを放つ事が出来ます。

テツ
膝下の素早いシュートモーションが特徴的で、相手選手が足を出す前にコンパクトに振り抜けるのが宇佐美選手の強みと言えますね。

自分に絶対的な自信があり、プレーの選択にブレが無い。

3つ目は、「自分に絶対的な自信があり、プレーの選択にブレが無い

中学3年生でガンバ大阪ユース、高校2年生でガンバ大阪トップチーム、19歳でバイエルン・ミュンヘン入り。

その後も長く海外でプレーしており、

「自分のプレースタイルは確実に通用する」

という信念を持っている事から、宇佐美選手のプレー選択には迷いがありません。

エリア問わず堂々とプレーしていますし、

ゴール前でも自分が行けると思えば、迷わず自分でフィニッシュまで持って行きます。

テツ
このように海外の一流選手が持っている”エゴを宇佐美選手は持ち合わせています。

これは練習で身に付けられる物では無いので、宇佐美選手が持つ才能の1つと言えるでしょう。

 

宇佐美貴史ってどんな選手?~サッカーファンからの評価/反応~

サッカーファンからのプラスの評価/反応

サッカーファンからのマイナスの評価/反応

宇佐美貴史に対する評価/反応まとめ

サッカーファンが思い描く「宇佐美貴史」の選手像

  • 両足でのシュートが上手い。
  • ドリブルが上手い。
  • 守備がやや不安。
  • 後半でのスタミナ切れが不安。etc...

フォワードともあり攻撃面を評価する声が多かったですが、「シュートが上手い」という声が多かったですね。

またドリブルの突破力・上手さを評価する声も。

一方攻撃に特化している反面、守備への課題・スタミナに関する不満の声がちらほら。

守備面の課題に関しては、過去に所属チームの指揮官からチクリと言われる事もありましたね。。

テツ
個人的には日本では、守備を少しサボっても攻撃で圧倒的な結果を残す「王様スタイル」を極めて欲しいですが...( ̄∇ ̄)v
J1リーグ観戦
【DAZNレビュー】登録/支払い/視聴までの流れを簡単解説【TV・スマホ】

サッカーだけでなく多くのスポーツ中継の放映権を獲得している、「DAZN」 サッカー好きであれば、1度 ...

続きを見る

 

まとめ

日本人選手には少ない決定力を兼ね備えた天才アタッカー「宇佐美貴史」

規格外の突破力・フィニッシュ精度は海外の一流選手を彷彿とさせますね。

テツ
年齢的にも・ポテンシャル的にも、日本代表入りも十分あり得ると思います。(個人的にも見たい...)

では、今回は以上です!

最後まで閲覧いただき、ありがとうございます。

-選手

© 2020 SOCCER MOVE