選手

【誰でも分かる】酒井高徳ってどんな選手?プロフィール/プレースタイル/評価まとめ!【闘志溢れるユーティリティーサイドバック】

画像引用:Getty Images

~サッカー選手特集・「酒井高徳編」~

テツ
闘志溢れるユーティリティーサイドバック

酒井高徳選手の、プロフィール/プレースタイル/評価などを簡単に一通りピックアップしてみました!

酒井高徳ってどんな選手?~プロフィール紹介~

名前 酒井 高徳(さかい ごうとく)
生年月日 1991年3月14日
血液型 A型
性格 熱い/面白い
身長・体重 176cm・74kg
出身地 新潟県
利き足 両利き
結婚 既婚(2010年8月・一般女性)
高校年代 アルビレックス新潟ユース
入団チーム アルビレックス新潟
移籍先① VfBシュトゥットガルト
移籍先② ハンブルガーSV
移籍先③ ヴィッセル神戸
メインポジション サイドバック
サブポジション サイドハーフ・ボランチ
J1リーグ観戦
【DAZNレビュー】登録/支払い/視聴までの流れを簡単解説【TV・スマホ】

サッカーだけでなく多くのスポーツ中継の放映権を獲得している、「DAZN」 サッカー好きであれば、1度 ...

続きを見る

酒井高徳ってどんな選手?~プレースタイルの特徴(武器)~

両利きを活かし、両サイドのポジションを万能にこなせる。

1つ目は、「両利きを活かし、両サイドのポジションを万能にこなせる

通常右利きの選手は右サイドバック、左利きの選手は左サイドバックでプレーしますが、

酒井選手は両足でのキックを得意としているので、両サイドを万能にこなす事が出来ます。

チーム状況に合わせて空いたポジションで出場出来るので、希少な選手である事が分かりますね。

現に日本代表チームでもメインサイドが決まっておらず、怪我人や選手層のバランスによって左右どちらかのサイドバックとして出場していました。

テツ
まさに”ユーティリティプレイヤー”、これからも所属クラブで重宝されていく事は間違い無いでしょう。

スタミナ・アジリティに優れ、サイドでの機動力が高い。

2つ目は、「スタミナ・アジリティに優れ、サイドでの機動力が高い

サイドバックに求められる重要な働き、”サイドでの機動力”

スタミナ・アジリティに優れる酒井選手は、この機動力にも特化しています。

試合を通して繰り返しサイドをトップスピードで往復し、チーム全体を勢いづける役割。

また攻撃も好きな選手なので、チャンスがあれば積極的に深い位置までオーバーラップを仕掛けチャンスメイク。

テツ
守備の起点であり・攻撃の起点、そのハードワークでの”チームへの貢献度の高さ”こそが酒井選手の魅力。

闘争心に溢れており、球際・対人守備の競り合いに強い。

3つ目は、「闘争心に溢れており、球際・対人守備の競り合いに強い

酒井選手といえば、25歳にしてドイツの名門・ハンブルガーSVのキャプテンを任されたというメンタリティーの高さも魅力的。

一見穏やかなイケメンに見えますが、実は見かけによらず熱い男

闘争心・責任感が強く、常にチームの勝利を第一に考えてプレーしています。

そのため球際・対人守備の時はガツガツとハードプレッシャーをかけます。

時に熱くなり過ぎて、相手選手と小競り合いになる事も。

日本代表の試合ではUAE代表のオマル選手と揉み合いになり、頭突きで撃退していましたね。(笑)

テツ
日本人選手には珍しい熱さを持って闘える酒井選手は、日本サッカー界においても希少なプレイヤーであると言えるでしょう。

 

酒井高徳ってどんな選手?~サッカーファンからの評価/反応~

サッカーファンからのプラスの評価/反応

サッカーファンからのマイナスの評価/反応

酒井高徳に対する評価/反応まとめ

サッカーファンが思い描く「酒井高徳」の選手像

  • 両サイドをこなせる事が武器。
  • 闘争心・威厳があり対人が強い。
  • 足元の技術力・パスセンスが足りない。
  • クロス精度がやや物足りない。

両サイドを万能にこなせるというポイントが高い評価を集めているようですね。

また所属クラブでキャプテンを任されているという事もあり、闘争心・威厳があり対人に強いという声も見受けられました。

また一方でマイナスの声は、長友佑都選手や酒井宏樹選手などと比較すると少し物足りないという声もがちらほら。

やや不安定なパス・クロス精度などが課題と言えそうですかね。

 

まとめ

両利きという長所を活かし両サイドをこなすユーティリティプレイヤー、「酒井高徳」

闘争心・責任感が強くハンブルガーSVではキャプテンを任されていたともあり、メンタル面の強さも魅力的です。

テツ
日本人プレイヤーには珍しい”熱い心”を持った酒井選手、今後も日本サッカー界をグイグイ引っ張っていってもらいたいですね!

では、今回は以上です!

最後まで閲覧いただき、ありがとうございます。

-選手

© 2020 SOCCER MOVE