サッカー選手になるにはどうしたらいい?ジュニア年代からの流れを簡単解説。

更新日:

本記事は、「ジュニア年代~サッカー選手になるまでの簡単な流れを知りたい!」という方に必見の内容となっています。

誰が見てもすぐに分かるようにサッカー選手への道のりを端的にまとめてみましたので、是非最後までご覧下さい。

本記事が皆さんのサッカーライフの参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク

「サッカー選手」とは?

サッカー競技における「プロフェッショナル」の定義は、国際サッカー連盟(FIFA)が定める「Regulations on the Status and Transfer of Players」の中で「クラブと契約を結び、日常の出費を上回る給料をサッカー活動により支払われている者」と定義されている。このため、クラブと契約を結んでいない者はもちろんのこと、契約を結んでいても給料がごく少額に留まる者や、名目上サッカー活動以外の対価として給料を得ている者(いわゆる社員選手など)はプロ選手としては扱われない。

引用:wikipedia サッカー選手

一言でいえば、

プレイヤーとしてクラブと契約して、サッカーで生活している人

がサッカー選手という職業に分類されます。

もちろんお金を貰ってプレーするので、常に対価として高いパフォーマンスが求められます。

芸能のプロ、音楽のプロ、ラーメン屋のプロなどと同様、”サッカーのプロ”

これが「サッカー選手」です。

 

スポンサーリンク

サッカー選手になるにはどうしたらいい?【幼少期~中学生編】

まず始めに、サッカー選手への道のり【幼少期~中学生編】を解説していきます。

後に、【高校生以降編】について話します。

一流選手同様、出来るだけ早い年代からサッカーを始める事がおすすめ。

必ず幼少期からサッカーを始めないとサッカー選手になれないという訳ではありませんが、

もちろん始めるのは、早ければ早い方が断然良いです。

なぜなら単純に他の子よりも練習時間が増えますし、サッカーにハマるのがより早ければ上達のしやすさにも差が出てくるからです。

日本代表の香川真司選手は「小学1年生」、宇佐美貴史選手はなんと「8カ月。(笑)」からサッカーを始めているそうです!

サッカー選手全体を見ても、8歳以下でサッカーを始めている選手が75.9%

なのでサッカー選手を目指すのであれば、小学生低学年以下からサッカーを始めるのがベストと言えるでしょう。

参考:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/blog-entry-2705.html

 

チーム練習・自主練習を重ね、まずはチーム内のトップを目指す。

今活躍しているサッカー選手の多くは、やはり幼少期から別格の活躍を見せているようです。

地元の長岡京サッカースポーツ少年団(長岡京SS)に入団すると、小1のときに小4、小2のときには小5のチームに飛び級し、小4から卒業するまで毎年200点前後、合計600点以上の得点を挙げるなど、地元では「天才少年」として知れ渡っていた

引用 :wikipedia 宇佐美貴史

18歳でバイエルン・ミュンヘンに挑戦した宇佐美貴史選手は「天才少年」として幼少期から地元で有名。

サッカー選手は同じ少年チーム内から何人も生まれるものではなく、各地域で1人という程の別格な人材ですので、まずはチーム内のトップを目指す事が最初の通過点と言えます。

 

対外試合で、ユース・強豪高校から声をかけてもらえるような活躍を見せる。

チームのトップとして試合に出場する事が出来れば、次はユース・強豪高校の関係者の目を引く活躍を見せる必要があります。

W杯最終予選で史上初の4試合連続ゴールを記録した原口元気選手は、小学生年代の全国大会で圧倒的なプレーを披露。

この活躍もあり、原口選手はこの後浦和レッズのジュニアユースに入団しました。

全国大会でなくても、県大会・トレセンでの活躍でもアピールする事が出来ますので、とにかくサッカー関係者が集まる主要大会で圧倒的な活躍を見せる事が大事です。

 

サッカー選手になるにはどうしたらいい?【高校生以降編】

それでは次に、サッカー選手への道のり【高校生以降編】を解説していきます。

サッカー選手への最終関門、そして”最も重要な年代”になります。

Jリーグのユースチームに入団、トップチームへの昇格。

小中学生年代での活躍が評価されて、Jリーグのユースチームへ入団。

そしてそのままトップチームへ昇格するという、サッカー選手になる王道パターンです。

”選ばれしトッププレーヤーのみ”が入団出来る狭き門ですが...

日頃の練習・対外試合でも、キャリアのある指導者が常に目を光らせていますので、高校サッカーの部活に比べてプロ入りのチャンスは大きくなります♪

⇒Jリーグのチーム一覧を見てみる。

Jリーグユース出身のサッカー選手

  • 原口元気選手(浦和レッズユース)
  • 宇佐美貴史選手(ガンバ大阪ユース)
  • 堂安律選手(ガンバ大阪ユース)etc...

 

強豪校サッカー部に入部、スカウトの引き抜き。

サッカーの強豪高校へ入学、主要大会で活躍を残しスカウトから引き抜かれるパターンです。

一部セレクションを行っている高校もありますが、誰でもサッカー部に入れるという高校が多いので、ユースチームとは違って誰にでもプロへのチャンスがあるという事になります。

しかし、各地域のリーグ戦・インター杯・選手権などの主要大会で結果を残さない限り、スカウトの目にかかる可能性は低いので、少なからずチームとしての結果も求められます。

⇒全国のサッカー強豪校一覧を見てみる。

強豪校出身のサッカー選手

  • 本田圭佑選手(星稜高校)
  • 柴崎岳選手(青森山田高校)
  • 遠藤保仁選手(鹿児島実業高校)etc...

 

強豪大学サッカー部に入部、スカウトの引き抜き。

ユースからの昇格・強豪高校からのスカウトの2つがメインとなっていますが、大学サッカーでスカウトから引き抜かれる可能性も十分にあります。

特に関西・関東の大学サッカーのトップチームはクオリティが高く、ユース・強豪高校上がりのプレイヤーも多く所属しています。

天皇杯で大学生チームがJリーグチームを破る事もある程のレベルですので、プロ入りを狙う2ndチャンスとして大学サッカーが注目を集めています。

⇒全国のサッカー強豪大学一覧を見てみる。

強豪大学出身のサッカー選手

  • 長友佑都選手(明治大学)
  • 中村憲剛選手(中央大学)
  • 武藤嘉紀(慶應義塾大学)etc...

 

最終的にユース・強豪校・大学での”目を引く活躍”が必須!

 

J.LEAGUE OFFICIALさん(@jleaguejp)がシェアした投稿 -

社会人サッカーやサッカー留学経由などでサッカー選手になる場合もありますが、

定番パターンとなると、

ユース・強豪校・大学での”目を引く活躍”が必須。

となります。

また小中学校で活躍を見せていても、高校生以降で伸び悩む場合も多いので、何よりも最終カテゴリでの活躍がカギを握ります。

セリエAのインテル・ミラノで長きに渡って活躍した長友佑都選手も大学サッカーの途中でアピールに成功していますので、サッカーキャリアの最後に逆転が起きる可能性も十分にあります!

 

まとめ

以上が、ジュニア年代からサッカー選手になる流れになります。

ジュニア年代からサッカー選手、そしてサッカー選手になった後の人生。

狭く険しい道のりである事は間違いありません。

なので何よりも”サッカーのプロ”を目指し、”サッカーのプロ”として生きていく事を覚悟して突き進む強いメンタルが何よりも不可欠と言えるでしょう。

本記事が皆さんのサッカーライフの参考になれば幸いです♪

では、今回は以上です!

最後まで閲覧頂き、ありがとうございます。

関連記事
プロ選手の苦悩から学ぶ!日本人サッカー選手の自伝本おすすめ10選

プレーヤーとしての人気もさることながら、容姿のかっこ良さでも注目を浴びる「サッカー選手」 また人前で弱音・悩みを明かさず、その直向きな強い姿勢にも好感が持たれていますね。 しかしそんな彼らでも1人の人 ...

続きを見る

【未経験者必見】子供のサッカーの試合観戦時はどこを見て何をすべき?

サッカー未経験のため、子供のどこに注目すべきか分からない... 試合観戦後に、どのように声をかけたら良いのか分からない... など「子供のサッカーの試合観戦時にどこを見て何をすれば良いのか分からない。 ...

続きを見る

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-管理人コラム, 雑記

Copyright© SOCCER MOVE , 2018 All Rights Reserved.