サッカー選手から学ぶ!ポジション別のプレースタイル一覧まとめ。

更新日:

本記事は、

①サッカーにはどんなプレースタイルの種類があるのか知りたい方。

②自分はどんなプレースタイルでいるべきか悩んでいる方。

に必見の内容となっています。

サッカーには、無数のプレースタイルが存在します。

なぜなら、

①毎回どんな状況でも、シュートしか打たない。

②どれだけ囲まれても、ドリブルしかしない。

これらもプレースタイルの1つに入るからです。

しかし上記のようなプレーをする人は”少数派”です。

そこで今回は、一流選手が確立した”確かな”プレースタイルだけをポジション別にまとめてみました!

気になるポジションのプレースタイルを参考にしてみて下さい♪

スポンサーリンク

【サッカー】ポジション別のプレースタイル一覧。

FW(フォワード)

①相手選手を背負ってチャンスを作り出す。

フォワードの代表的なプレースタイルの1つ目は、”ポストプレー”メインで攻撃の起点になるスタイル。

フィジカルに自信のある・相手を背負うキープが得意な選手に適正があります。

【求められるプレー】

①相手を背負ってボールをキープ。

②味方選手の上がりを待ってリターン。

③ゴールが近ければ、自分でターンしてシュート。

参考「大迫勇也選手」

 

②前を向いて積極的に勝負するスタイル。

フォワードの代表的なプレースタイルの2つ目は、積極的に”前を向いて”仕掛けていくスタイル。

スピードに自信のある・ドリブル突破が得意な選手に適正があります。

【求められるプレー】

①相手選手の背後を積極的に狙う。

②ボールを受けた時隙があれば、前を向いて自分で仕掛ける。

③ゴールが近ければ、自分1人でゴールまで持っていく。

参考「セルヒオ・アグエロ選手」

 

MF(トップ下)

①積極的にバイタルエリアに侵入していく。

トップ下の代表的なプレースタイルの1つ目は、積極的に”バイタルエリア”に侵入していくスタイル。

細かいボールタッチが得意・得点力のある選手に適正があります。

【求められるプレー】

①攻撃時は積極的にバイタルエリアにボールを受けに行く。

②ゴールへのコースが見えれば、自分でシュートまで持っていく。

③シュートが打てなければ、味方選手にラストパス。

参考「香川真司選手」

 

②正確なラストパスでチャンスメイク。

トップ下の代表的なプレースタイルの2つ目は、正確なラストパスでチャンスメイクするスタイル。

パス精度の高さに自信のある・視野が広い選手に適正があります。

【求められるプレー】

①相手DFの裏に走り込む味方選手を常にチェックする。

②味方選手が抜け出すタイミングでラストパスを供給する。

③ゴールが近ければ、自分でシュートも意識する。

参考「メスト・エジル選手」

 

MF(サイドハーフ)

①サイドで起点となり、ゴール前に質の高いクロスを供給する。

サイドハーフの代表的なプレースタイルの1つ目は、サイドで起点となりゴール前に”質の高いクロス”を供給するスタイル。

キック精度に自信のある・ドリブルよりもキックが得意な選手に適正があります。

【求められるプレー】

①相手選手と距離を取りながら、サイドでボールを受ける。

②ゴール前にいる味方選手からターゲットを探す。

③相手選手の背後を通す、質の高いクロスを上げる。

参考「デイヴィッド・ベッカム選手」

 

②サイド突破・カットインにより自分でチャンスを作る。

サイドハーフの代表的なプレースタイルの2つ目は、サイド突破・カットインにより自分でチャンスを作るスタイル。

ドリブルが得意・突破力に特化している選手に適正があります。

【求められるプレー】

①サイドの出来るだけ高い位置でボールを受ける。

②縦に突破or中にカットインでドリブル突破を狙う。

③ゴールに近い場合はカットインからのシュートを狙う。

参考「クリスティアーノ・ロナウド選手」

 

MF(ボランチ)

①積極的に前線に飛び出して攻撃の起点となる。

ボランチの代表的なプレースタイルの1つ目は、積極的に前線に飛び出して攻撃の起点となるスタイルです。

攻撃力に自信のある・ボールタッチが得意な選手に適正があります。

【求められるプレー】

①ボールを受けて前にスペースがあれば自分でボールを運ぶ。

②味方選手にボールを預けたら、ゴール前に走り込む。

③ゴール前で再びボールを受けて、ゴールを狙う。

参考「イニエスタ選手」

 

②激しいプレスで相手の攻撃の起点を潰す。

ボランチの代表的なプレースタイルの2つ目は、激しいプレスで相手の攻撃の起点を潰すスタイル。

守備力に自信のある・フィジカルが強い選手に適正があります。

【求められるプレー】

①相手のトップ下の選手のマークにつく。

②ボールが入ったタイミングで激しいプレスをかける。

③ボールを奪ったら素早くボールを展開してカウンターに繋げる。

参考「アルトゥーロ・ビダル選手」

 

DF(サイドバック)

①常に高い位置を取り、サイド攻撃の起点となる。

サイドバッグの代表的なプレースタイルの1つ目は、常に高い位置を取りサイド攻撃の起点となるスタイル。

サイドエリアでの攻撃力に自信のある選手に適正があります。

【求められるプレー】

①攻撃時は毎回サイドハーフのフォローのため高い位置を取る。

②サイドを突破してゴール前にクロスを供給する。

③縦が切られていたら、カットインしてゴール前に侵入する。

参考「マルセロ選手」

 

②サイドからの相手選手の侵入を体を張って防ぐ。

サイドバックの代表的なプレースタイルの2つ目は、サイドからの相手選手の侵入を体を張って防ぐスタイル。

守備力に自信のある・フィジカルが強い選手に適正があります。

【求められるプレー】

①相手のサイドアタッカーのマークを離さない。

②マッチアップしたら何が何でもサイドからの突破を防ぐ。

③ボールを奪ったらすぐにカウンターに繋げる。

参考「長友佑都選手」

 

DF(センターバック)

①ゴール前に侵入させない激しいプレスで砦となる。

センターバックの代表的なプレースタイルの1つ目は、ゴール前に侵入させない激しいプレスで砦となるスタイル。

対人守備に絶対的な自信がある選手に適正があります。

【求められるプレー】

①相手選手の攻撃を予測する。

②自分のマーカーにボールが入った瞬間に素早くプレスをかける。

③ゴール前に侵入させないように激しいプレスをかけ続ける。

参考「カルレス・プジョル選手」

 

②勝負所でゴール前に侵入してゴールを狙う。

センターバックの代表的なプレースタイルの2つ目は、勝負所でゴール前に侵入してゴールを狙うスタイル。

空中戦に自信がある・攻撃が好きな選手に適正があります。

【求められるプレー】

①セットプレーやゲームの流れの中でゴール前に侵入する。

②自分をターゲットにするように味方選手に伝える。

③相手選手との競り合いを制して、シュートを狙う。

参考「セルヒオ・ラモス選手」

 

GK(ゴールキーパー)

①決定的ピンチを守りぬき、チームを安心させる。

ゴールキーパーの代表的なプレースタイルの1つ目は、決定的なピンチを守りぬきチームを安心させるスタイル。

【求められるプレー】

①相手選手の癖を観察する。

②相手選手と1vs1になった時は、ギリギリまで体を倒さないようにする。

③最後までボールを見て、セービングする。

参考「ジャンルイジ・ブッフォン選手」

イタリア代表”ジャンルイジ・ブッフォン”選手。

数々の決定的なピンチを驚異的なセービング力でシャットアウトし続ける名守護神です。

決定的なピンチにおける体の動かし方・セービング技術を参考にしてみて下さい♪

 

②積極的な飛び出しで味方の負担を減らす。

ゴールキーパーの代表的なプレースタイルの2つ目は、積極的な飛び出しで味方の負担を減らすスタイル。

【求められるプレー】

①相手のロングボールに飛び出せるように高めのポジションを取る。

②DFの裏に長めのボールが出された時は、自分が飛び出して処理する。

③飛び出した時は、何が何でもボールに触ってクリアする。

参考「マヌエル・ノイヤー選手」

 

スポンサーリンク

まとめ

以上が、サッカーの各ポジションのプレースタイル一覧になります。

本記事が皆さんのサッカーライフの参考になれば幸いです♪

では、今回は以上です!

最後まで閲覧頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-サッカー, 知識・技術

Copyright© SOCCER MOVE , 2018 All Rights Reserved.