【初心者向け】サッカーのフォーメーションの数字の順番・意味は?【定番フォーメーションも紹介】

サッカー経験者には当たり前であっても、サッカー初心者に呪文のように見えてしまう「サッカーのフォーメーション」

サッカー中継などで「今日の日本のフォーメーションは4-5-1です!」などと紹介されても、イマイチ意味が分かっていないという方は多いかと思います。(笑)

そこで今回は、サッカーのフォーメーションの数字の順番・意味を出来るだけ簡単にまとめてみました♪

また後にサッカーの試合で採用される定番フォーメーションもピックアップしてみたので、気になる方は是非最後までご覧下さい( ̄∇ ̄)v

サッカーのフォーメーションの数字の順番・意味は?

4-4-2、4-3-3、4-5-1...

などとサッカーには様々なフォーメーションが存在していますが、実はこの数字の並び方には決まりがあります。

その決まりは、

キーパーを抜かして、守備側から人数を数えるだけ!

キーパーはどんなフォーメーションであっても必ず1人なので、フォーメーションには表記されません。

下記の4-5-1という代表的なフォーメーションを例に見ると、、


参考:LINEUP11

青色の選手(DF)=4人。

・白色の選手(MF)=5人。

赤色の選手(FW)=1人。

となり「4-5-1」というフォーメーションで表記されているのです。

どのフォーメーションであってもこの決まりに従って、「4-4-2」・「3-5-2」などと表記されています。

ゴールキーパーを抜かしているので、3つの数字を足すと必ず10になるというのもポイントですかね♪

DF、MF、FWの意味が分からないという方は以下の記事も合わせてご覧下さい( ̄∇ ̄)v

参考記事
【初心者向け】超簡単!サッカーのポジションの名前の覚え方【呼び方やアルファベットも】

続きを見る

 

【これだけ覚えればOK】サッカーの試合で採用される5つの定番フォーメーション。

現代のサッカーでは各チームがそれぞれの布陣・戦術を駆使して試合に挑んでいますが、ほとんどのチームが使っているのがこの5つのフォーメーション。

管理人テツ
この5つの布陣の形さえ覚えておけば完璧なので、気になる方は一通りチェックしておきましょう♪

4-5-1


参考:LINEUP11

4-5-1の解説

DFの人数=4人。

MFの人数=5人。

FWの人数=1人。

代表的なチーム=西野JAPAN。

特徴=自陣寄りに重心を置くやや守備的な布陣。

 

4-3-3


参考:LINEUP11

4-3-3の解説

DFの人数=4人。

MFの人数=3人。

FWの人数=3人。

代表的なチーム=ハリルJAPAN。

特徴=FW3人で攻める攻撃的な布陣。

 

4-4-2


参考:LINEUP11

4-4-2の解説

DFの人数=4人。

MFの人数=4人。

FWの人数=2人。

代表的なチーム=ジーコJAPAN。

特徴=サイドの空間を活かすサイド攻撃が軸になる布陣。

 

3-5-2


参考:LINEUP11

3-5-2の解説

DFの人数=3人。

MFの人数=5人。

FWの人数=2人。

代表的なチーム=トルシエJAPAN。

特徴=サイド・中央の攻めにシフト出来る万能的な布陣。

 

3-6-1


参考:LINEUP11

3-6-1の解説

DFの人数=3人。

MFの人数=6人。

FWの人数=1人。

代表的なチーム=サンフレッチェ広島。

特徴=6人の中盤による厚みのあるポゼッションが武器。

 

まとめ

一見難しく思われがちなサッカーのフォーメーションですが、実は超簡単。

記事内でも言った通り、、

キーパーを抜かして、守備側から人数を数えるだけ!

4(DF)-4(MF)-2(FW)

4(DF)-3(MF)-3(FW)

3(DF)-5(MF)-2(FW)etc...

と非常にシンプルなので、これを機会にしっかりとマスターしておいて下さいね♪

本記事が皆さんの参考になれば幸いです。

では、今回は以上です!

最後まで閲覧頂き、ありがとうございます。

関連記事
【初心者向け】超簡単!サッカーのポジションの名前の覚え方【呼び方やアルファベットも】

続きを見る

人気記事
【日本/海外別】サッカー”MF(サイドハーフ)”の超一流選手ランキングTOP10!【2019現役】

続きを見る


Copyright© SOCCER MOVE , 2019 All Rights Reserved.