【国内/海外ランキング】サッカー”サイドハーフ”の超一流選手20人を厳選【2018版】

更新日:

今回は、サッカー”サイドハーフ”の超一流選手のランキング特集です!

  • 海外の”サイドハーフ”の超一流選手TOP10。
  • 国内の”サイドハーフ”の超一流選手TOP10。

に分けてそれぞれランキング付けしてみましたので、是非ご覧下さい。

まだまだ他にも一流の選手は多くいますが、今回は中でも”超”一流のスーパー選手だけを厳選してみました♪(2017-18現役選手のみ)

※ベテランの選手はキャリアハイ時の能力を考慮しています※

>>他のポジションのランキングも見てみる<<

スポンサーリンク

【海外ランキング】サッカー”サイドハーフ”の超一流選手10人を厳選【2018版】

まず始めに海外選手のランキングTOP10の発表です♪

国内選手のランキングは後半になります。

※注目選手を発掘次第、随時更新していきます※

【10位】フィリペ・コウチーニョ選手

ブラジル代表・現バルセロナ所属の”フィリペ コウチーニョ”選手。

インサイドハーフでの起用もありますが、彼が最も輝くのは左ウィング。

172cmと小柄ですが、抜群のテクニックとキレのあるドリブル左右両足の正確なキック精度を武器にする万能アタッカー。

レジェンド揃いのサイドハーフともあって低めの10位となりましたが、活躍次第では上位へのランクアップは間違い無いでしょう♪

 

【9位】キリアン・ムバッペ選手

フランス代表・現パリサンジェルマン所属の”キリアン ムバッペ”選手。

風貌や同じフランス代表という事もあり、アンリ2世とも言われている次世代のスター選手。

もちろん実力もトップレベルで、爆発的なスピード・ゴール前の決定力に特化しています♪

まだ19歳...間違いなく世界のトップウィンガーへと成長を遂げるでしょう...( ̄∇ ̄)

 

【8位】エデン・アザール選手

ベルギー代表・現チェルシー所属の”エデン アザール”選手。

スピード・テクニック・力強さの全てを兼ね備える、超万能アタッカー。

173cmと小柄ながらもフィジカルが強く、相手のプレッシャーを受けてもドリブルの姿勢がブレないのがアザールの魅力。

球離れも良く、高速カウンターなどでも存在感を発揮します。

 

【7位】ギャレス・ベイル選手

ウェールズ代表・現レアルマドリード所属の”ギャレス ベイル”選手。

トットナムでの目覚しい活躍の末、名門レアルマドリードに引き抜かれたスピードスター。

細かいフェイントを使わずに、スピードの緩急だけでダイナミックにサイドをぶち抜けるのが持ち味♪

エリア外からの強烈ミドルやオーバーヘッドなど豪快なゴールも彼の持ち味。

 

【6位】フランク・リベリー選手

フランス代表・現バイエルン ミュンヘン所属の”フランク リベリー”選手。

テクニックはもちろんの事、なんといっても彼の持ち味は重戦車のような強力なドリブル

相手DFがプレッシャーに来てもお構いなし、迫力のある突進でコースをこじ開けて行きます。

自分がDFだったら、怖くて絶対に逃げますw

 

【5位】アリエン・ロッベン選手

オランダ代表・現バイエルン ミュンヘン所属の”アリエン ロッベン”選手。

彼の代名詞、分かっていても止められないカットインからの狙いすましたミドルシュート。

何回見たか分からないほどの、再現性の高さは驚きです。(笑)

カットインからのシュートを身に付けたい方は是非参考にしてみて下さい!

 

【4位】モハメド・サラー選手

エジプト代表・現リバプール所属の”モハメド サラー”選手。

プレミアリーグで大活躍を見せ、ビッグクラブからも注目を集めている爆速ウィンガー。

利き足の左足によるトップスピードでのドリブル・シュート決定率の高さが最大の武器です。

右サイドからのカットインは十八番パターンで相手DFを翻弄します...

メッシ、C.ロナウド、ネイマールなどのトップ選手にも劣らないハイクオリティ、今後の活躍に期待です♪

 

【3位】ネイマール選手

ブラジル代表・現パリサンジェルマン所属の”ネイマール”選手。

メッシ、Cロナウドの次にバロンドールに近いと言われる、世界的スタープレイヤー。

ダンスを踊っているような軽快なステップのドリブルが最大の魅力♪

抜群のボールコントロールで足元からボールが離れないので、相手DFはお手上げです...泣

1対1が大好きで球離れが悪いので、好き嫌いが分かれる選手でもありますね( ̄∇ ̄)

 

【2位】クリスティアーノ・ロナウド選手

ポルトガル代表・現ユベントス所属の”クリスティアーノ ロナウド”選手。

リオネル・メッシと毎年バロンドールを争う、世界的サイドアタッカー。

メッシの細かい足元の技術とは対照的に、スピードとフィジカルの強さで相手DFを切り裂くスタイルが特徴的♪

空中戦も強く、ゴール前ではあらゆる状況から自力でゴールを奪うことが出来ます。

関連記事
Cロナウド愛用器具「シックスパッド」とは?性能・使用方法・口コミまとめ。

サッカー・フットサルの全ポジションのプレーに必ず必要になる「腹筋」 その腹筋を鋼の様に鍛え上げた”C・ロナウド選手愛用のシックスパッド”が今TVCMなどで話題となっています( ̄∇ ̄) そこで今回は、話 ...

 

【1位】リオネル・メッシ選手

アルゼンチン代表・現バルセロナ所属の”リオネル メッシ”選手。

この選手を超えるプレイヤーが今後現れないのではないか。。とさえ思わせる稀代の天才。

全てのサッカー選手が羨むサッカースキルは、まさに芸術的♪

卓越したボールコントロールシュートセンスの高さを武器にチャンスを量産し続けます。

常にサッカー界の先頭を走る、歴史に残るサッカー選手です。

 

スポンサーリンク

【国内ランキング】サッカー”サイドハーフ”の超一流選手10人を厳選【2018版】

それでは次に国内選手のランキングTOP10に移ります♪

※注目選手を発掘次第、随時更新していきます※

【10位】本田 圭佑選手

現オーストラリアリーグ・メルボルン所属の”本田 圭佑”選手。

かつてはイタリアの名門ACミランの10番をアジア人で初めて背負った事で大きな注目を集めました。

攻撃的なポジションを全てこなす本田選手ですが、最近では右サイドが主戦場となりつつあります。

キープ力の高さでサイド攻撃の起点となるプレーが特徴的です♪

カットインからの強烈なミドルシュートの形も得意としています。

 

【9位】武藤 嘉紀選手

現プレミアリーグ・ニューカッスル所属”武藤 嘉紀”選手。

海外に出てからのセンターフォワードのイメージが強いという方も多いと思いますが、Jリーグ時代はサイドアタッカーを主戦場にしていました。

スピードのあるドリブルキレのある切り返しが特徴的です。

逆サイドが起点の時は、ゴール前に積極的に侵入していきゴールを狙います♪

 

【8位】久保 裕也選手

現ブンデスリーガ・1.FCニュルンベルク所属の”久保 裕也”選手。

ハリルJAPAN時代、あの本田圭佑選手からポジションを奪い取った期待のサイドアタッカー。

縦に仕掛けても良し中にカットインしてゴールも狙える万能型のプレースタイルです♪

ドリブルも上手いので、ボールをキープして攻撃の起点になる役割を果たしてくれます。

 

【7位】堂安 律選手

現オランダ・FCフローニンゲン所属の”堂安 律”選手。

日本サッカー界に現れた待望の怪物級の左利きサイドアタッカー

力強いドリブルからのカットインからの強烈なシュートが十八番の形♪

さらに得点力にも特化していますので、今後の代表のエース候補として大きな期待を集めています!

 

【6位】中島 翔哉選手

現ポルトガルリーグ・ポルティモネンセ所属の”中島 翔哉”選手。

スピードに乗ったドリブルからの鋭いカットイン、振りの速い強烈なミドルシュートが”最大の武器”。

左斜め45度を得意な角度としており、ゾーンでボールを受けると必ず決定機を演出します。

相手選手の裏を突く、創造性溢れるトリッキーなプレーも魅力的です♪

 

【5位】宇佐美 貴史選手

現ブンデスリーガ・デュッセルドルフ所属の”宇佐美 貴史”選手。

わずか18歳で名門バイエルンミュンヘンに移籍した経歴を持つ、天才プレイヤー。

懐の深いキレのあるドリブルカットインからの強烈なミドルシュートが最大の武器♪

また自分に対する自信の高さも魅力的で、自分の得意な形では必ずと言っていいほどにシュートまで持っていきます。

 

【4位】中村 俊輔選手

現J1リーグ・ジュビロ磐田所属の”中村 俊輔”選手。

トップ下のイメージが強い中村選手ですが、黄金期を作ったセルティック時代は右サイドを主戦場としていました。

左効きですので、カットインしてからのミドルシュートが得意な形。

ミドルシュートをフェイクにして、縦に仕掛けるプレーも時には使って相手に的を絞らせません。

そしてなんといってもFKの上手さは世界レベル

CLでマンチェスターユナイテッドから直接FKで2ゴールを奪う伝説も残しています。

 

【3位】松井 大輔選手

現J2リーグ・横浜FC所属の”松井 大輔”選手。

日本のサッカー選手で初めてファンタジスタという言葉を知らしめたテクニシャンです。

観客をワクワクさせるようなトリッキーなテクニックが最大の魅力♪

管理人のテツも学生の頃は、松井選手のフェイントばかり真似してました。(笑)

 

【2位】原口 元気選手

現ブンデスリーガ・ハノーファー所属の”原口 元気”選手。

ドリブルの上手さ、攻撃センスの高さに加えて、守備面でもハードワークが出来るのが最大の魅力♪

原口選手の守備が攻撃の起点になることも多く、サイドで多くのチャンスを生み出します。

監督が一番使いたくなる、万能型のサイドアタッカーです。

 

【1位】乾 貴士選手

現リーガエスパニョーラ・レアルベティス所属の”乾 貴士”選手。

日本のサッカー選手の中で一番心からサッカーを楽しんでいる乾選手

見ている人とプレーしている自分の両方がワクワクするプレーが最大の魅力です♪

名門バルセロナから2ゴールを奪う衝撃の伝説は、この後も達成される事はないでしょう。

 

まとめ

どの選手も見惚れてしまう、”絶対的なスキル”で相手DFを手玉に取っていますね~。

対峙したDFは、恐らく泣きそうな気持ちになって試合をしていると思います。(笑)

どの選手も素晴らしいのですが、

やはりメッシ・Cロナウドは別格ですね。。。

この2人のスター選手を追い越す選手が、自分が生きている間に現れるのか楽しみです♪

本記事が皆さんのサッカーライフの参考になれば幸いです。

では、今回は以上です!

最後まで閲覧頂き、ありがとうございます。

>>他のポジションのランキングも見てみる<<

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-特集, 選手
-

Copyright© SOCCER MOVE , 2018 All Rights Reserved.