【国内/海外ランキング】サッカー”ボランチ”の超一流選手20人を厳選【2018版】

更新日:

今回は、サッカー”ボランチ”の超一流選手のランキング特集です!

  • 海外の”ボランチ”の超一流選手TOP10。
  • 国内の”ボランチ”の超一流選手TOP10。

に分けてそれぞれランキング付けしてみましたので、是非ご覧下さい。

まだまだ他にも一流の選手は多くいますが、今回は中でも”超”一流のスーパー選手だけを厳選してみました♪(2017-18現役選手のみ)

※ベテランの選手はキャリアハイ時の能力を考慮しています※

>>他のポジションのランキングも見てみる<<

スポンサーリンク

【海外ランキング】サッカー”ボランチ”の超一流選手10人を厳選【2018版】

まず始めに海外選手のランキングTOP10の発表です♪

国内選手のランキングは後半になります。

※注目選手を発掘次第、随時更新していきます※

【10位】シャビ・アロンソ選手

スペイン代表・現バイエルンミュンヘン所属の”シャビ アロンソ”選手。

正確無比なパス精度を武器に、バイエルンの心臓として攻撃の起点となっています。

長短のパスを使い分け、攻撃にリズムを与え続けます♪

チームの攻撃のスイッチは、彼の縦パスがきっかけになる事が多いですね。

 

【9位】ヤヤ・トゥーレ選手

コートジボワール代表・現マンチェスターシティ所属の”ヤヤ トゥーレ”選手。

まさに規格外の男。188cmという長身を武器にダイナミックなプレーで中盤を支配するレジスタ。

1歩1歩のストライドが大きく間合いが掴みづらいため、対峙する選手はなかなかボールを奪うことが出来ません。。

また長身でありながら足元の技術が非常に高いという、怪物級のボランチです...

 

【8位】セルヒオ・ブスケツ選手

スペイン代表・現バルセロナ所属の”セルヒオ ブスケツ”選手。

バルセロナの心臓とも言われており、長年定位置を確立しています。

相手の激しいプレッシャーをいなす上手さは一級品

相手とボールの間に体を上手く入れて、ボールを隠しながら運ぶのが非常に上手いです♪

ボールキープのスキルを上げたい方は是非参考にしてみて下さい!

 

【7位】ケヴィン・デ・ブライネ選手

ベルギー代表・現マンチェスターシティ所属の”ケヴィン デ ブルイネ”選手。

ベルギー代表・マンチェスターシティの黄金期を支える中盤のプレーメーカー。

広い視野高精度のキックを活かした、多彩なパスでゲームを組み立てます♪

またエリア外からの強烈なミドルも得意としています。

 

【6位】イヴァン・ラキティッチ選手

クロアチア代表・現バルセロナ所属の”イヴァン ラキティッチ”選手。

バルセロナの偉大なボランチ、シャビ エルナンデス選手の後継者とも言われる東欧のレジスタ。

シャビと比較される重圧のかかるポジションでありながら、質の高いプレーですぐさま信頼を掴み取りました。

視野の広さから生まれる展開力ミドルシュートの精度の高さが魅力的です♪

 

【5位】トニ・クロース選手

ドイツ代表・現レアルマドリード所属の”トニ クロース”選手。

ドリブル、パス、シュート、守備全てをこなす万能型のボランチです♪

特にパス・シュートの精度の高さは世界トップレベルです。

長短のパスを使い分けながら、銀河軍団を牽引し続けています。

 

【4位】シャビ・エルナンデス選手

スペイン代表・現アルサッド所属の”シャビ エルナンデス”選手。

中盤の中心選手としてバルセロナの黄金期を作りました。

相手のプレッシャーを掻い潜る巧みなボールタッチが最大の魅力です♪

特にファーストタッチの質が非常に高く、自分が一番次のプレーに繋げやすい位置にボールを毎回置いています。

 

【3位】アレサンドロ・ピルロ選手

イタリア代表・現ニューヨークシティFC所属の”アレサンドロ ピルロ”選手。

ピンポイントパスを武器に数多くの得点を生み出してきた世界を代表するレジスタ

キック精度が非常に高く、CK・FKを彼が蹴ると得点のにおいしかしません。(笑)

またどんな大きい試合でも、平常心で高いパフォーマンスを発揮するメンタルの強さも魅力的です♪

 

【2位】ルカ・モドリッチ選手

クロアチア代表・現レアルマドリード所属の”ルカ モドリッチ”選手。

名門レアルマドリードで上記で紹介したトニ クロース選手とコンビを組んでいます。

繊細なボールタッチ、キック精度の高さが最大の魅力♪

特にミドルシュートの精度が非常に高くペナルティエリア外でも十分射程圏内という恐ろしさです。。

 

【1位】アンドレス・イニエスタ選手

スペイン代表・現ヴィッセル神戸所属の”アンドレス イニエスタ”選手。

長年バルセロナの中心選手としてチームを牽引している伝説のレジスタ。

ボールキープの上手さは世界No.1と言われているほどの、キープ力の持ち主♪

何よりドリブルのコース取りが抜群に上手く、常に相手の前に入り込む事を徹底しています。

ボールの持ち方を工夫すれば、体が小さくても屈強なDFが何人来てもボールを取られないという事を実証した偉大な選手です。

 

スポンサーリンク

【国内ランキング】サッカー”ボランチ”の超一流選手10人を厳選【2018版】

それでは次に国内選手のランキングTOP10に移ります♪

※注目選手を発掘次第、随時更新していきます※

【10位】青山 敏弘選手

現J1リーグ・サンフレッチェ広島所属の”青山 敏弘”選手。

プロ入り後、サンフレッチェ広島のチームの心臓として長年活躍を遂げています。

抜群のキック精度の高さが最大の魅力で、ミドルシュート・ロングパスを武器にしています♪

また球際も強く、守備面でも大きくチームに貢献しています。

 

【9位】遠藤 航選手

現ベルギーリーグ・シントトロイデン所属の”遠藤 航”選手。

センターバック・ボランチの両方を万能こなす守備に特化したボランチ。

対人守備の上手さ、相手の攻撃パターンを読み取るスキルに優れています♪

また冷静なメンテリティも魅力的で、どんな状況でもチームを引っ張っていける安定感も持っています。

 

【8位】小林 祐希選手

現エールディヴィジ・SCヘーレンフェーン所属の”小林 祐希”選手。

本田圭佑2世」と言われているほど、同じくレフティーで強気の発言から注目を集めています。

精度の高い左足から繰り出される確無比なパス、強烈なミドルシュートが魅力的♪

また戦況を見極めて、プレーを使い分けられる応用力にも優れています。

 

【7位】井手口 陽介選手

現プレミアリーグ2部・リーズユナイテッド所属の”井手口 陽介”選手。

高校二年生でトップチーム昇格を決めた、期待の怪物ルーキー

日本代表として21歳の時に出場したW杯最終予選オーストラリア戦では、W杯出場を決める強烈なミドルシュートを突き刺し大きな注目を集めました♪

プレースタイルは、攻撃・守備の両方を万能にこなす能力の高さが魅力♪

特に激しいプレスによる球際の強さ、強烈なミドルシュートを最大の武器にしています。

 

【6位】大島 僚太選手

現J1リーグ・川崎フロンターレ所属の”大島 僚太”選手。

川崎フロンターレで10番を背負う、期待のレジスタ。

足元の技術が高く、相手のプレッシャーをいなすのが非常に上手いです♪

また視野の広さも魅力的で、ワイドに展開してゲームを作る能力にも長けています。

 

【5位】山口 蛍選手

現J1リーグ・セレッソ大阪所属の”山口 蛍”選手。

日本人離れした球際の強さから、中盤の潰し屋として日本代表でも定位置を確立しています。

また守備のイメージが強いですが、所属チームでは10番を背負うなど攻撃面にも大きな期待を寄せられています。

強烈なミドルシュート、積極的なオーバーラップなども魅力的です。

 

【4位】中村 憲剛選手

現J1リーグ・川崎フロンターレ所属の”中村 憲剛”選手

言わずと知れた川崎フロンターレのレジェンド。

ピッチ全体を見渡す広い視野自慢の右足から繰り出される絶妙なスルーパスが最大の武器。

また相手の隙を見逃さない、高い位置でのアグレッシブな守備も魅力的。

 

【3位】柴崎 岳選手

現リーガエスパニョーラ・ヘタフェ所属の”柴崎 岳”選手。

レアルマドリード、バルセロナからゴールを奪うなど、重圧のかかるビッグマッチでこそ結果を残す強心臓の持ち主。

トラップ、ドリブル、パス、シュート全てがトップレベルにあり、基礎スキルの高さが最大の魅力♪

また相手の意表を突く鋭い縦パスでも、チームの攻撃にリズムを与える事が出来ます。

 

【2位】長谷部 誠選手

現ブンデスリーガ・フランクフルト所属の”長谷部 誠”選手。

フォワード以外の全てのポジションを経験している、規格外の順応力を持つ日本代表のキャプテン。(GKとしての出場もあり)

近年では守備スキルの高さを評価され、センターバック、ボランチとしての出場が増えてきていますね。

チーム全体を指揮するコーチング力、相手の攻撃の起点を確実に潰す対人の強さが最大の魅力♪

また何事にも動じないメンタルの強さも特徴的で、チームにいると非常に心強い精神的支柱となる選手です。

 

【1位】遠藤 保仁選手

現J1リーグ・ガンバ大阪所属の”遠藤 保仁”選手。

「ボランチ=遠藤」というイメージが多くのサッカーファンに浸透しているほど、長年日本代表のボランチとして活躍してきました。

正確無比なピンポイントパス、精度の高いセットプレーが最大の魅力♪

遠藤選手のキック1つで勝敗が決まった試合も数多くあり、チームにおける存在感は絶大です。

またサッカー脳が優れており、何気ないパス交換で相手選手を引き出したりなど、ゲームを作る能力にも特化しています。

 

まとめ

”チームの心臓”とも言われるボランチ。

ボランチが試合を作り、ボランチがチャンスを生み出し、ボランチが勝敗を決める。

と言っても過言ではないほど、ボランチはチームにおいて重要な存在です。

サッカーの試合を観戦する時は、各チームのボランチの選手をチェックしておけばより試合を楽しめますよ♪

本記事が皆さんのサッカーライフの参考になれば幸いです。

では、今回は以上です!

最後まで閲覧頂き、ありがとうございます。

>>他のポジションのランキングも見てみる<<

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-特集, 選手
-

Copyright© SOCCER MOVE , 2018 All Rights Reserved.